旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

イタリアの絶景を日本で楽しめる?「映え」間違いなしのそっくり名所6選

Array
2021/11/27

新型コロナウイルスの大流行により、様変わりしてしまった旅行事情。頻繁に海外旅行へ出かけていたというかたも、すっかり遠い日の出来事のように感じているかもしれません。とはいえ再びその日がやってきたら、とっておきの名所に出かけたい!というかたも多いのではないでしょうか。

コロナ禍で人気が集中する名所に出かけるとき、気になるのが「密」。そこで宿泊予約サイトであるブッキング・ドットコムが厳選した、有名な名所とそっくりな隠れ名所といえる「『インスタ映え』する旅先と宿泊施設」全6カ所をご紹介します。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

知られざる隠れ名所!日本でイタリアを感じられる温泉地も

アムステルダム(オランダ)とそっくりな「コルマール」/フランス

image by:PR TIMES

華やかなチューリップ畑や運河、街並みといった、まさにオランダと感じる風景に入り込める首都アムステルダム。旅行地として非常に人気が高く、混雑は必至です。そこで、人混みを避けながらアムステルダムのような「映え写真」を狙える、フランスのある街に注目してみましょう。

アルザス地方に属している「コルマール」では、まるでファンタジー映画のように絵になる街並みに出会うことができます。

いまも中世の雰囲気を色濃く残し、木骨の家屋などそこかしこにコルマールならではの文化を感じるなかで、のんびりと散策を楽しめます。

ステンドグラスの輝く教会や景色に溶け込むカフェなど、過ごしているだけですべての景色を写真に収めたくなるほどの美しさでありながら、そこまで混雑することなく過ごせるのも魅力。これからますます人気が上昇してしまいそうな、隠れ名スポットです。

  • 【おすすめの滞在先】
  • Reflets Sur La Lauch appartements(ルフレ スール ラ ロシュ アパートメンツ)/フランス・コルマール
  • クチコミスコア 9.8点/10点

コルマールでの滞在におすすめなのが、リトル・べニスのほど近くに立地する「ルフレ スール ラ ロシュ アパートメンツ」。ホワイトで統一されたインテリアがスタイリッシュで、写真映えも抜群のホテルです。

明るく光の差し込む窓からはロシュ川の流れを一望することが可能。「サンマルタン教会」「ハウスオブヘッズ(頭の家)」といった、著名な建造物を訪ねるのにもぴったりです。

ピンク・レイク(オーストラリア)とそっくりな「ラス・コロラダス ピンクレイク&リオ・ラガルトス」/メキシコ

image by:PR TIMES

オーストラリアのインスタ映えスポットとして急激に人気を伸ばした、華麗なピンク色の湖「ピンク・レイク」。


自然が生み出したピンク色がキュートな観光地ですが、メキシコ・ユカタン州のリオ・ラガルトスにあるピンク・レイクも、にわかに脚光を浴びています。

「ワニの川」という意味を持つ「ラス・コロラダス ピンクレイク」は、塩田として作られた人口の湖。とはいえ、周辺には湿地帯やアシ原など豊かな大自然が広がり、ユネスコ生物圏保護区に登録されています。

人々の暮らしが営まれる漁村でありながら、ピンクのフラミンゴをはじめとした海鳥類など、多種多様な生態系にも出会うことができるこのスポット。ふんわりとしたピンク色の幻想的な湖に、うっとりと見惚れてしまうこと間違いなしです。

  • 【おすすめの滞在先】
  • Hotel Villa de Pescadores(オテル ヴィーヤ デ ペスカドーレス)/メキシコ・リオ
  • クチコミスコア 8.6点/10点

せっかくのラグーンを満喫するなら、この場所だからこその絶景に出会えるヴィラ「オテル ヴィーヤ デ ペスカドーレス」へ。

リオ・ラガルトス自然保護区のエリア内にあり、客室からの風景は圧巻。「マレコン」と呼ばれる遊歩道も整備されているため、散策も楽しむことができます。

ビクトリア(カナダ)とそっくりな「ブレントウッドベイ」/カナダ

image by:PR TIMES

カナダのブリティッシュコロンビア州の州都であり「花の都」と名高いビクトリア。カナダ人による「いつか住みたい都市ランキング」でも首位を飾るほど、その美しさはお墨付き。

どこを見渡しても花々が咲き誇り、歴史的建築物と共にインスタ映えの極致ともいえる街並みに出会うことができます。

このビクトリアと並ぶほどの評判を高めているのが、同じブリティッシュコロンビア州の「ブレントウッドベイ」。サーニッチ半島に属する小さめの村で、大自然の恵みを享受した観光スポットがあふれている場所でもあります。

多くの野生生物が暮らす「ゴウランドトッド州立公園」をはじめ、自然を巡るハイキングコースなども充実。なかでも、総面積は約22万平方メートルという広大な庭園「ブッチャート・ガーデン」では、ビクトリアのように花いっぱいの光景が広がる中でインスタ映え写真を狙うことができます。

  • 【おすすめの滞在先】
  • Brentwood Bay Resort & Spa(ブレントウッド ベイ リゾート&スパ)/カナダ・ブレントウッドベイ
  • クチコミスコア 9.2点/10点

世界トップクラスの一流サービスによるおもてなしが人気を呼んでいる「ブレントウッド ベイ リゾート&スパ」。その名の通りスパやジム、プールやヨットハーバーまで完備されているリゾートホテルです。

お部屋に設けられた豪華なバルコニーからはオーシャンビューが広がり、ワンランク上の特別なひとときを過ごすことができます。

いま読まれてます
イタリアの絶景を日本で楽しめる?「映え」間違いなしのそっくり名所6選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます