旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

日本人は本当の「クリスマス」を知らなかった!?海外の意外な習慣【ツリーにピクルス】

Array
2021/12/25

クリスマスツリーにピクルスを飾る/ドイツ

image by:Shutterstock.com

クリスマスツリーには何を飾りますか?木のてっぺんには星を飾り、球体のオーナメントを下げたり電飾を巻き付けたりするのが一般的だと思いますが、ドイツではちょっと変わったオーナメントをぶら下げます。

そもそもクリスマスツリーに何かを(ガラス玉など)飾る習慣はドイツで始まったといわれています。ドイツのラウシャというガラスの産地で、19世紀に一般化してきたクリスマスツリーのオーナメントとして、ガラス球の生産がスタート。

その軽さと輝きが瞬く間に見本市やクリスマス市で人気となり、ドイツ系移民によってアメリカにもたらされて、世界的なスタンダードになったそう。

image by:Unsplash

そのクリスマスオーナメント発祥の地であるドイツではさまざまな飾りをぶら下げるようで、常にトップの飾りとしてピクルスが選ばれるみたいですね。

いろいろと飾り付けした仕上げとしてツリーのどこかにピクルスのオーナメントを隠して、クリスマスの朝、最初に発見した子どもに各種の特権が与えられるそう。例えばプレゼントを追加でもらえたり、プレゼントの包みを最初に開ける権利が与えられたり。

このピクルスをぶら下げる伝統の起源は、ピクルスのたるに閉じ込められていた2人の男の子をサンタクロースが助けたという伝説から来ているそうです。

この習慣に関しては、日本でもちょっと流行しそうじゃないですか?

いま読まれてます
日本人は本当の「クリスマス」を知らなかった!?海外の意外な習慣【ツリーにピクルス】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます