旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

実はめちゃくちゃお得!九州めぐり旅では「JR」がトコトン便利なワケ

Array
2022/05/27

九州エリアに路線ネットワークを持つ「JR九州」は近年、九州新幹線の開通デザインが特徴ある在来線特急、さらに観光列車であるD&S(デザイン&ストーリー)列車など、さまざまな列車を走らせることで、その都度で注目を集めています。

2013年10月から超豪華寝台列車「ななつ星 in 九州」の運行を始めた際など、大きな話題となりました。

JR九州の特急「かもめ」(博多~長崎) image by:シカマアキ

JR九州は豪華な列車だけでなく、利用客にも便利な点が多くあります。鉄道の運賃といえば、「価格が変動しない」のがこれまで通例でしたが、JR九州ではインターネットで特急の切符を購入した際の特別な割引などを次々導入。

JR西日本から延長運転する新幹線を除いてすべての客車内が「禁煙席」となるなど、ほかのJRには見られない独自の取り組みも見られます。

今回はそんなJR九州の新幹線と特急にフォーカスし、九州の旅がいっそう楽しくなる、旅行者向けJR九州の使いこなしテクニックを紹介します。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

利便性高い九州新幹線、2022年秋「西九州ルート」開業

まずは、九州新幹線。九州・山陽新幹線として「みずほ」「さくら」「つばめ」が運行されています。

博多駅から鹿児島中央駅までの「鹿児島ルート」と呼ばれる路線が九州新幹線で、新大阪駅からの山陽新幹線との直通運転も行われています。

九州・山陽新幹線。image by:Alexander Gatsenko/Shutterstock.com

最短時間は、博多駅〜鹿児島中央駅間が1時間17分、博多駅〜熊本駅間が32分。新幹線を利用すると、博多・熊本・鹿児島の都市間も簡単に移動できます。比較的新しい新幹線なので、乗り心地も良いです。

今後、2022年秋に「西九州ルート」として、武雄温泉駅〜長崎駅間の「西九州新幹線」が開業予定で現在工事が進められています。


西九州新幹線の車両デザイン JR九州 image by:PR TIMES

新たな車両デザインも発表済み。鹿児島ルートと分岐する新鳥栖駅〜武雄温泉間の開業は未定です。

JR九州にはデザイン秀逸な「特急」がたくさんあって楽しい!

JR九州といえば、多彩なD&S列車が有名。1989(平成元)年に運転開始した「ゆふいんの森」を皮切りに、1996(平成8)年に「いちさぶろう・しんぺい」、2009(平成21)年に「SL人吉」、2011(平成23)年に「あそぼーい!」、2015(平成27)年に「JRKYUSHU SWEET TRAIN『或る列車』」、そして2020(令和2)年の「36ぷらす3」など、2021年12月時点で11種類ものD&S列車が、JR九州で運行されています。

JR九州の特急「ゆふいんの森」image by:Piti Sirisriro/Shutterstock.com

そのほか、在来線特急も健在。白く美しいボディが特徴の885系「かもめ」(博多~長崎)、制御振り子式車両で乗り心地抜群の「ソニック」(博多~大分など)をはじめ、「みどり」(博多~佐世保)、「ハウステンボス」(博多~ハウステンボス)、「にちりん」「にちりんシーガイヤ」(博多・小倉~宮崎空港、大分~佐伯・宮崎または南宮崎・宮崎空港)、「きりしま」(宮崎、国分~鹿児島中央)などが運行中です。

デザイン面でも評価が高い885系「かもめ」 image by:シカマアキ

新幹線で一気に移動する旅も良いですが、特急だと心地よいスピード車窓からの景色もじっくり楽しめます。美しい海沿いや山間を走る路線もあり、旅がいっそう楽しくなるのでおすすめです。

いま読まれてます
実はめちゃくちゃお得!九州めぐり旅では「JR」がトコトン便利なワケ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます