旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

中国人が日本で「服、脱いじゃダメなの!?」とビックリした理由とは?

Array
2022/06/25

日本ではご飯を食べる前に「いただきます」や、食べ終わったあとに「ごちそうさま」という文化がありますよね。しかしながらその姿を見慣れない外国人からすると、不思議にうつることも珍しくありません。

もちろんお互い育ってきた文化は異なるので、知らないことがたくさんあるのは当たり前ですが、逆に国内で外国人の行動を見ていると「なにそれ!?」と思ってしまうこともあるはず。

でも、実は海外では普通であることってありますよね。そこで今回は、実際に訪日中国人が驚いた「中国では当たり前だけど、日本ではあまり一般的ではないこと」についてご紹介していきます。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

屋台が全然ない…!

image by:Apik/Shutterstock.com

国が違えば、食文化が違うのは当たり前のこと。とある訪日中国人のかたによると、中国では当たり前に見かけるものを日本では見つけられなかったそう。そのひとつに街中にある「屋台」があげられます。

「中国では朝食を屋台で食べたり、テイクアウトして食べます。その文化が日本にはあまりないことにびっくり!」(30代女性)

「中国には屋台がたくさんあります。夜の屋台では酔っぱらった人がいきなり楽器を持ってきて、周辺の人と一緒に歌うことがあります。一体感があって楽しいですよ」(40代男性)

image by:Rolf_52/Shutterstock.com

中国では街を歩いていると、朝から夜まで多種多様な屋台が出店しています。日本では、お祭りのときや福岡などの一部の地域を除き、あまり見かけることはありませんよね。

しかし中国で屋台はとても身近で、朝食から軽食、おかずなどいろんなグルメが販売されているため、気軽に食事を楽しめるのです。

image by:Beliakina Ekaterina/Shutterstock.com

地元の人たちは気軽にストリートフードを満喫しているそうですが、朝ごはんを例にあげると、豆乳や揚げパン、ワンタンなどいろんな種類が販売されているのだそう。


場所やお店によって価格は異なりますが、日本円で100円ほどで朝食が売られていることもあるので、お財布にも優しいのがポイント。

もちろん利用するのは朝だけではありません。出かけた先の屋台で食べ物を買って、グルメを楽しみながら街歩きすることも珍しくないみたいですよ。

いま読まれてます
中国人が日本で「服、脱いじゃダメなの!?」とビックリした理由とは?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます