旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

隣が丸見え!?中国人が驚いた「日本のトイレ」事情etc【月間人気記事ランキング】

第6位 韓国での「スリッパ」ってどんなもの?

image by:Shutterstock.com

2022年は例年よりも早い梅雨明けとなり、本格的な暑い夏に突入しています。昨今増えた「おうち時間」も、涼しく快適に過ごしたいところ。

在宅ワークでお家で過ごすことが増え、足元を涼しげな夏用スリッパに衣替えしたかたも少なくないのではないでしょうか。最近のルームスリッパは、履き心地が快適なうえ、ちょっと汗ばんでも洗えるので夏でも気持ち良く過ごせるのが嬉しいですよね。

そんな便利なスリッパですが、お隣の韓国では基本的に家の中では素足で過ごすのが日常なんだとか。

そのため来日した韓国人は「日本では家の中でスリッパを履かなきゃいけないの!?」と、慣れない日常に驚きを隠せない様子。さらにスリッパに関しての認識も、日本とは全く異なることが判明しました。

第5位 さらに進化した韓国の支払い方法とは?

image by:Roman Babakin/Shutterstock.com

コインロッカーや自動販売機などで「小銭」が活躍するシーンがよくあります。日本では1円〜500円までの硬貨が発行されており、端数を支払うのにわざわざお財布から出してお会計を済ましますよね。

近年ではキャッシュレスも浸透してきており、実際にお金を取り出す機会が減ってきたというかたもいることでしょう。コロナ禍になってさらに、お出かけの際もお財布を持たず、スマホひとつでお出かけできるほどにキャッシュレス化しているかと思います。

とはいえいまだに身近な存在である硬貨たちですが、実はお隣の韓国では「小銭を使うと嫌な顔をされる」ことがあるのだとか!?

実際に複数名の韓国出身者にお話を伺ってみたところ、あまり知られていない韓国の支払い事情が見えてきました。

第4位 お祝い金だってキャッシュレス?!

image by:B.Zhou/Shutterstock.com

クレジットカードやQRコード決済などのキャッシュレス支払いが浸透し、お会計をサクッと済ませられるようになりましたよね。


ただ、海外に比べ日本では現金でしか支払えないところも未だ残っています。例えば、個人店や規模の小さなお店では、カードやスマホ決済に対応していないケースも少なくはありません。

そんななか来日した中国出身者の方々に話を聞いていると「日本ではまだお財布を持ち歩くの!?」と驚いた様子でした。

詳しく話を伺ってみると、中国出身の皆さんが近年の日本で「うそでしょ!?」と思ったカルチャーショックをいくつも体験したんだそう…。

いま読まれてます
隣が丸見え!?中国人が驚いた「日本のトイレ」事情etc【月間人気記事ランキング】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます