福知山鉄道館フクレルを徹底解剖!〜鉄道のまちに新名所が誕生!〜

Array
2023/10/03

館を飛び出して「鉄道のまち福知山」をめぐろう

image by:福知山鉄道館フクレル
 

さて、フクレルを出たら、「鉄道のまち福知山」を訪ねるミニトリップに出かけるのはいかがでしょう。

フクレルから自転車で回れるぐらいのエリアに蒸気機関車を展示したSLスポット(MAP)や、鉄道のまちを感じるスポットが点在しているのでご案内しましょう。

※レンタサイクルはJR福知山駅北口の観光案内所にあります。

SLスポット

1.福知山駅南口公園

福知山駅南口を出るとすぐに出迎えてくれるるのが、1944~56(昭和19~31)年まで篠山線を走っていた蒸気機関車C1140と転車台です。転車台は現役時代、ここから約100m西にありましたが、用途を終えた後、ここに移設されました。

公園内にある東屋の柱は、旧福知山駅舎で使用されていたレールを再利用したもの。こうやって古いレールはホームの上家(屋根)などの建材として再利用されていたんですね。

2.福知山西駅公園

北丹鉄道の西駅跡地に作られた公園には、北丹鉄道2号機のレプリカが展示されています。北丹鉄道は1923~71年(大正12~昭和46)年まで福知山駅―河守駅間を運行してた鉄道。

image by:福知山鉄道館フクレル

この北丹鉄道2号機(レプリカ)は1923(大正12)年に製造され、1956(昭和31)年に廃車となるまで住民の移動手段としてだけでなく、元伊勢神宮参拝客の輸送、由良川河川敷から採取される砂利や河守鉱山から産出される鉱石の輸送等のために走り続けました(写真は由良川を渡る昭和37年の北丹鉄道)。

3.福知山鉄道館フクレル別館(旧ポッポランド2号館)

1970(昭和45)年に用途廃止となるまで約9年間、舞鶴線・小浜線で活躍した蒸気機関車C5856を静態展示しています。入場無料。詳細は文末を参照ください。

鉄道のまちを感じるスポット

1.SL壁面

音無瀬橋周辺の城下町通りに描かれた蒸気機関車をモチーフとしたカラフルな壁画。地元の小学生が描いた絵も飾られていますよ。


2.アオイ通り商店街

御霊神社近くのアオイ通り商店街の道路は、「鉄道のまち」らしく線路を模したカラー舗装がさています。

いかがでしたでしょうか。オープンしたばかりの「福知山鉄道館フクレル」と「鉄道のまち」福知山の歴史を感じに、ぜひ訪れてみてくださいね。

■■information■■

福知山鉄道館 フクレル
住所:京都府福知山市字岡ノ32-20
TEL:0773-48-9226
開館時間:9:00〜17:00(最終入場は~16:30)
定休日:火曜(祝日の場合は開館。翌日休館)/年末年始
入館料(当日に限り再入場可):500円/小・中学生250円/未就学児 無料

福知山鉄道館フクレル別館(旧ポッポランド2号館)
住所:京都府福知山市菱屋7
開館時間:4~10月9:00~17:00/11~3月10:00~16:30
定休日:火曜/年末年始(その他臨時休館をする場合があり)
入館料:無料

  • source:KYOTO SIDE
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!
「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

WebSite

エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
福知山鉄道館フクレルを徹底解剖!〜鉄道のまちに新名所が誕生!〜
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます