日本で11軒のみ選ばれた至福の宿。世界が認める名旅館、石川県「べにや無可有」

Array
2023/12/04

国内を旅する醍醐味のひとつといえば、古来より愛され続ける温泉を手軽に堪能できること。西暦725年開湯と言われる石川県の「山代温泉」も、極上の泉質で多くの著名人に愛されてきた名湯です。

山代温泉街に数ある宿泊施設の中で老舗として知られるのが「べにや無何有(むかゆう)」。

世界的権威をもつホテル・レストラン会員組織「ルレ・エ・シャトー」に、日本で加盟している施設はわずか11軒と言われていますが、そのひとつが同旅館。

創業95周年を記念し、より素晴らしく生まれ変わったその魅力についてご紹介します。

歴史的旅館で、大自然とともに極上の湯浴みステイ

image by:PR TIMES

山代温泉エリアの中でも高台に位置する「山代温泉 べにや無何有」。

1928年の創業以来、樹齢300年ものご神木である赤松などを残した、自然そのままの山庭と共に穏やかな時を過ごせる旅館として人気を博しています。

2009年には、厳格な審査をクリアしたホテルやレストランだけが加盟できる「ルレ・エ・シャトー」にも加盟。

世界中の食文化やおもてなしを伝える世界580施設の中から、2013年度には「ルレ・エ・シャトー ウェルカムトロフィー」を受賞し、その優れたホスピタリティが絶賛されています。

image by:PR TIMES

宿名でもありコンセプトでもある”無何有”とは、古代中国の思想家・荘子が好んだ「何の作為もない」「ただ自然なこと」を意味する言葉。


一歩足を踏み入れると、まさにその言葉の通りの空間が広がっています。

全室露天風呂付き。洗練された16の客室

山庭 image by:PR TIMES

16室に限定された客室は、自然の山庭に面した開放感のある造り。

畳に竹敷の広縁、月見台の檜や柿渋染めの和紙など、日本伝統のさまざまな素材をひとつに調和させ、ほどよく洗練された空気を感じます。

特別室 若紫 image by:PR TIMES
露天風呂付き 和洋室 エグゼクティブスイート image by:PR TIMES

心のスペースを広げてくれるような空間が、日々のストレスをスッキリと癒すことができます。

露天風呂付き 和洋室 エグゼクティブスイート image by:PR TIMES

そして、全室に山庭を臨む露天風呂を完備。

季節の移ろいを眺めながら、山代温泉が誇る源泉をそのまま引いた温泉に浸かるひとときは、まさに「無何有」を感じられる瞬間です。

創業95周年を記念してリニューアル

創業95周年を記念して、館内のリニューアルを実施。温泉大浴場や新客室ジュニアスイートをリニューアルオープンし、新たに2つのライブラリーが誕生しました。

温泉大浴場「玄青」「薄香」が誕生

今回、温泉大浴場を設計したのは、建築家竹山聖氏と設計組織アモルフ。

玄青GENSEI」は、湯船の中に丸い背もたれがあり、瞑想へと誘う静寂の湯。

「玄青GENSEI」image by:PR TIMES
「玄青GENSEI」image by:PR TIMES

「薄香USUKO」は、檜の白木造りに溢れる清浄の湯で心身が浄められます。

「薄香USUKO」image by:PR TIMES

山代温泉の泉質は、カルシウム・ナトリウムー硫酸塩。白山の恵みに満ちたこの名湯は、温浴効果により血液の循環を促し、疲れを癒し、豊富なミネラルで体調を整えることができます。

それぞれに内湯と露天風呂、サウナがあり、入れ替え制になります。

いま読まれてます
エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
日本で11軒のみ選ばれた至福の宿。世界が認める名旅館、石川県「べにや無可有」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます