【2024】京都・おすすめ菜の花畑~のどかな春の散策へ~

Array
2024/03/05
菜の花畑

画像:フォトAC

畑や土手に群生し、春の訪れを告げる菜の花。奈良時代に中国から日本に渡来したといわれ、食用だけでなく観賞用としても古くから親しまれてきました。可憐な花が一斉に咲き誇る様子は、まるで黄色い絨毯(じゅうたん)のよう。今回は京都府内で群生するスポットをご紹介します。のどかな景色に包まれて、春を感じるお散歩へ出かけませんか?

菜の花と桜が迎える古刹の参道

【京田辺市】普賢寺 菜の花畑

見ごろ:3月下旬~4月中旬

普賢寺 菜の花畑

画像:京田辺市観光協会

天武天皇の勅願により創建された古刹・大御堂観音寺。古くは普賢寺と呼ばれており、この地の地名として残っています。春になると、参道の両脇に広がる菜の花畑が鮮やかな黄色に染まります。お寺へと続く桜並木とのコントラストは、思わず歓声が上がるほどの美しさ。全身で春の到来が感じられるスポットです。

菜の花回廊バリアフリー

画像:京田辺市観光協会

菜の花畑の間にはバリアフリーの回廊が用意されていて、ベビーカーや車いすでも畑の真ん中まで行くことができますよ。家族みんなでゆっくりと楽しむことができますね。

京田辺オブジェ

画像:京田辺市観光協会

観光協会主催の「ひとやすみフェスティバル」では、普賢寺の菜の花積みを実施。3月30日~4月7日の間、無料で菜の花を持ち帰ることができますよ。ほかにもフェスティバル期間中(3月20日~4月7日)は、マルシェやスタンプラリーなど、京田辺市内各所でさまざまなイベントが行われます。

■■INFORMATION■■

普賢寺 菜の花畑
所在地:京都府京田辺市普賢寺
問い合せ先:0774-68-2810(京田辺市駅ナカ案内所)
※3月30日・3月31日は大御堂観音寺へ入る参道を車両通行止めのため、大御堂観音寺駐車場はご利用いただけません。普賢寺ふれあいの駅駐車場をご利用ください。

見て食べて感じる春の訪れ

【京都市】大原の漬物店「志ば久」の菜の花畑

見ごろ:4月中旬ごろ(※気温などにより前後する可能性あり)

志ば久の菜の花畑

画像:志ば久

京都市の北部、自然豊かな大原に本社を構える漬物店「志ば久」。自家農園で育てた紫蘇を使った「志ば漬け」が大原名物として愛されています。「志ば久」といえば紫蘇畑のイメージが強いかもしれませんが、裏作で菜の花を育てていることを知っていますか?

志ば久の菜の花畑

画像:志ば久

春になると、店舗向かいの棚田にのどかな景色が広がります。畑の中は自由に通り抜けができるようになっていますよ。

志ば久・菜の花の漬物

画像:志ば久

こちらの菜の花畑は、浅漬けを作るために植えられたもの。漬物になるのは、一番花のつぼみだけです。収穫後、4月下旬ごろに紫蘇畑の緑肥として刈り取られるまでの間、残りの花を楽しんでもらえるようにと開放しています。一つひとつ丁寧に手積みされた菜の花の浅漬けは、4月初旬から秋ごろまで販売されます。菜の花畑を愛でたあと、春の食卓にいかがですか。

■■INFORMATION■■

志ば久
所在地:京都府京都市左京区大原勝林院町58
電話:075-744-4893
時間:9:00~16:00 ※菜の花畑は自由
休み:水曜 ※10月下旬~12初旬までは無休
https://www.shibakyu.jp

  • source:KYOTO SIDE
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!
「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

WebSite

エアトリインターナショナル オーストラリアってどんな国?夏までに行きたい「気になる都市」を見つけよう!
【2024】京都・おすすめ菜の花畑~のどかな春の散策へ~
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます