奪われた海岸林を取り戻せ!林をイチから再生する10ヵ年計画がアツい

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2016/02/03

 遠く離れた私たちにもできることがある!

奪われた 海岸林 を取り戻せ!林をイチから 再生 する10ヵ年計画がアツい

長きにわたって行われる「海岸林再生プロジェクト10ヵ年計画」ですが、とうてい少人数で達成できるようなプロジェクトではありません。たくさんの協力が必要になります。「私たちにも出来ることが」…はい、あります! この植樹活動、実際にお手伝いすることが出来るんです。

1つ目はボランティア。毎年4月から11月の間、毎月第3土曜日に行われています。海岸林の雑草を抜いたり、石を除去したり、広葉樹を植えたりなど、クロマツの木が健やかに成長していけるような環境管理のお手伝いをすることが出来ます。

2つ目は寄付。育苗や育林の費用だけでなく、人件費や広報なども合わせて10億円が必要とされています。2015年現在、3.9億円が集まっていて、あと6億円程で目標達成。オンライン、郵便局や銀行振込だけでなく、大手スーパーマーケット・西友のレジでも寄付が可能です。

奪われた 海岸林 を取り戻せ!林をイチから 再生 する10ヵ年計画がアツい

現在、2014年2015年と植えられたクロマツは、枯れること無く元気に成長しています。それでも、かつての海岸林のように太く強い木になるまで、何十年とかかるもの。強い海風や潮風を浴び、過酷な状況下で生き抜いている小さなクロマツたち。10年後、20年後、長い時間をかけ、様々な人の協力のもと成長していくクロマツは、どこよりも強い木々に成長していくことでしょう。

公益財団法人 オイスカ

公式サイト: http://www.oisca.org/kaiganrin/

いま読まれてます
TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

 全国 農業や観光の未来を変える「地熱発電」が、地方産業に与える大きな期待 ★ 57
 福島 震災から5年、福島はどう変わったのか。アニメで見る東北の「光と影」 ★ 204
 宮城 そのカラーリングに、心踊る。Opalの毛糸で繋がる平和と手仕事の輪 ★ 167
 宮城 きっかけは「よそ者」の好奇心。媒体のないウェブメディア誕生の裏話 ★ 16
 宮城 残り1500本!宮城の「海鞘(ホヤ)エール」が5年ぶりに再販開始 ★ 42
 岩手 震災に負けない奇跡の浜ユリ、その酵母を使ったビールが釜石に誕生 ★ 56
エアトリインターナショナル オーストラリアってどんな国?夏までに行きたい「気になる都市」を見つけよう!
奪われた海岸林を取り戻せ!林をイチから再生する10ヵ年計画がアツい
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます