ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

会社のおみやげ、どうしてる? 職場にぴったり全国の「小分け」な土産

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2017/08/02

お盆の時期も近づき、この時期に夏休みを取る人も多いのではないでしょうか。帰省や旅行などで、移動が多い時期ですが、休みから戻る時に会社に持っていくおみやげは何がいいのか、迷いますね。職場で喜ばれるお土産を持っていきたいですよね。さて、どんなおみやげを持っていけばいいのでしょうか?

職場で配るのに最適なお土産って?

shutterstock_563726074

image by: Shutterstock 

帰省で地元へ帰ったり、旅行へ行ったり、楽しい夏休みのシーズンに突入。休み明け、感謝の気持ちを込めて職場に持っていきたいのが「お土産」です。貰う側としてはどんなものでも嬉しいものですが、「何がいいのだろうか?」と買う側は毎回頭を悩ませたりしてしまいますね。数あるお土産の中から選ぶポイントとして、下記の条件を抑えてみてはいかがでしょうか。

1)数が多くて、コスパ良し

ある調査によると、職場に持っていくお土産の相場1000円〜2,000円以内だそうです。2000円を超えてしまうと少々高めと感じる人が多いようです。予算内でできるだけ数が多く、コスパの良いもの選ぶのがベストですね。職場の人数にもよりますが、20〜30名分のお土産で2000円以内で抑えられたら、いいですよね。目安は1個あたり60円〜100円程度
 
2)小分けになっているもの
そして、重要なのが「小分け」になっているかどうか。
例えば、ケーキや羊羹などをお土産に選んでしまうと、それを均等にカットしなければいけないので、貰う側に手間をかけることに。配るのに困ってしまいますよね。
「小分け」のお土産であれば、そんな心配は無用というもの。
また、大袋に入ったスナック系のお土産も分けられないので、職場では避けたほうがいいでしょう。

 
3)それでいて美味しいと評判
 
コスパも良くて、小分けになっていて、それでいて美味しければ、もう言うこととなし!
特に現地でしか手に入らないようなスイーツなどは女性に人気が高いようです。
 
では、早速この3つを踏まえて、いくつかの全国のお土産をご紹介したいと思います。
 
TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

会社のおみやげ、どうしてる? 職場にぴったり全国の「小分け」な土産
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 東京 夜のプールはテンション高め。水着美女が乱舞する「ナイトプール」 ★ 146
 全国 【続】地元出身者をイラッとさせる、言ってはいけない一言シリーズ ★ 976
 全国 きれいなお姉さんが通いそう。オシャレすぎるコインランドリーが全国に続々 ★ 433
 海外 【海外の町おこし】街中をハッピーにするフランスのトリックアート ★ 588
 東京 大正13年の洋風古民家で、ひたすら読書に没頭できる私設図書館 ★ 888
  女性の混浴デビューにぴったり。波の音まで聞こえる伊豆の混浴温泉 ★ 139