旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ぶっちゃけ「富山」と聞いて、何を思い浮かべる? 富山に行って驚いたこと

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2017/10/11

【富山県の魅力 その1】黒部峡谷トロッコがすごい

toyama_01
出発地点の宇奈月駅からLet’s go!

富山県へ旅行に来たなら、絶対体験して欲しいのが、黒部峡谷鉄道、通称「トロッコ電車」として知られる観光列車です。日本有数のV字峡谷をゆったりとしたスピードで駆け抜けます。

toyama_02
山々を駆け抜けるトロッコ電車からは絶景をみることができる
行きは右側に座りましょう。絶景が眺められます!

宇奈月(うなづき)駅を出発し、終点の欅平(けやきだいら)駅までの距離が約20km。なんと片道1時間20分もかかります。往復で2時間40分というから、意外と長旅です。しかし、V字渓谷奥深くをゆく絶景を眺めていると、乗車時間はあっという間にすぎます。今回乗ったのは、窓のない「普通客車」タイプです。ここでトロッコをより楽しむためのアドバイスを2つ。

1つ目は、行きは進行方向の右側に、帰りは左側に座るのがオススメです。ほとんどの見所が片方に集中しているので、反対側に座ってしまうと後悔します。帰りはともかく、行きだけは右側を確保しましょう。そうすれば、フォトジェニックな富山の風景を堪能できます!

2つ目はジャケットを持参すること。夏場は暑い富山ですが、いくつものトンネルを通るので、窓なしの列車に乗車すると想像以上に冷えこみます。なので、気温がどんなに暑くても薄めのジャケットは必須です!

 

数々の絶景ポイントが!

Toyama_05

トロッコ乗車中は息を飲むほどの数々の絶景を目にします。
まず、嘘みたいな透明度の高い青い水面緑色に茂った山々が連なるの風景はただ美しく、思わずため息が漏れてしまいます。キレイな水と山々がある、富山ならではの自然がそこにあります。それは、例えば、大自然に恵まれた北海道やエキゾチックな南国沖縄とは全然違う自然なのです。

IMG_3277

乗車中の音声ガイドは富山出身の女優・室井滋さんが担当。乗車中に見られるスポットを詳しく紹介してくれます。

猿橋
仏石

IMG_3311

 

IMG_3302

 

IMG_3293

 

80分間の乗車中、富山らしい美しい風景が目白押しでした。でも到着してからも見所がたくさんです。

TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

ぶっちゃけ「富山」と聞いて、何を思い浮かべる? 富山に行って驚いたこと
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 京都 外国人が殺到する城崎温泉、どうやって訪日観光客を36倍に伸ばしたか? ★ 3609
 青森 これ全部、70代のおじいちゃんの手作り。青森県おいらせ町の巨大ガンダム ★ 1468
 その他のエリア 外国人の「日本酒」爆買いが止まらない。世界に広がる地元のSAKE ★ 1051
 その他のエリア 日本に来た外国人がリアルに買っていく「意外なお土産」【2018年版】 ★ 1180
 全国 移住希望ランキング、長野、富山、新潟、北海道はなぜ人気が高いか ★ 569
  現役・女子大生が立ち上げた「ジャケ買いされるホテル」が話題沸騰 ★ 374