ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

ムーミンもやってくる。「北欧」にリニューアル中の埼玉県飯能市を探索

牡丹餅あんこ
牡丹餅あんこ
2017/12/06

池袋から電車で40分。都内からもアクセス便利な埼玉県の南西に位置する「飯能」は、「トーベ・ヤンソンあけぼの子ども公園」があることで知られ、連日多くの観光客が訪れています。そして、2018年秋に「メッツァビレッジ」、2019年春には「ムーミンバレーパーク」の開業を予定し、ますます注目が高くなります。そんな「飯能」には、どんな観光スポットがあるのでしょうか? 今回は「飯能」の魅力的なスポットをご紹介します。自然あり、グルメあり、レジャーあり、まさに家族やお子様連れで遊びに行くには最高の場所ですよ!

 

オオサンショウウオが生息している美しい森「飯能・西武の森」

飯能駅を降りて徒歩20分のところに「飯能・西武の森」があります。この場所はその名の通り、西武ホールディングスが所有する森です。

歴史をたどるコースなどもある
歴史をたどるコースなどもある

 

面積約130haの森は、地域の住民や西武グループの社員家族と共に、遊歩道の整備や「アオダモの木」などの植樹を継続的に行っています。

子供たちの夢と共に元気に育つ「アオダモの木」
子供たちの夢と共に元気に育つ「アオダモの木」

 

このアオダモの木、野球のバットの素材になるそう。いつか野球の選手たちが、このアオダモの木でできたバットで野球をすると思うと子供たちもワクワク。

小鳥の声を聞きながら森の中を歩く
小鳥の声を聞きながら森の中を歩く

 

「西武の森」は環境教育やエコツアーの場としても活用され、約77haは(財)都市緑化機構が実施する「社会・環境貢献緑地評価システム(SEGES・シージェス)」の5段階評価における最高位である「Superlative Stage(スパラティブ ステージ)」に認定されました。

歩きやすく整備されているので登山前の準備運動の場所にピッタリ
歩きやすく整備されているので登山前の準備運動の場所にピッタリ

 

遊歩道は歩きやすく整備され、途中にバイオトイレが設置されるなど、ハイキングや登山などに慣れていない方も安心して森を散歩できます。

ハイキングや登山で一番気になるのが“トイレ”
ハイキングや登山で一番気になるのが“トイレ”
そんなに高い山ではありませんが、見晴がとても良い!
そんなに高い山ではありませんが、見晴がとても良い!

天覧算山麓を約5kmの散策なのですが、清々しい汗と翌日に響かない疲労感は、普段の運動不足を解消してくれます。小さなお子様やお年寄りなども無理なく登山気分が楽しめますので、天気の良い休日はご家族でのハイキングにお勧めです。

 

【飯能・西武の森】
所在:埼玉県飯能市飯能
面積:77ha 西武ドーム18個分
交通:池袋線「飯能」駅 徒歩約20分

 

牡丹餅あんこ

■牡丹餅 あんこ■【フリーライター・編集】 グルメ雑誌・旅行誌・ウェブサイトの取材、執筆、撮影、ディレクション、編集など。
ツイッター(@ankobotamochi)
instagram(https://www.instagram.com/anko_botamochi)

ムーミンもやってくる。「北欧」にリニューアル中の埼玉県飯能市を探索
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 「すごい」を意味する方言が、全国47都道府県で全部違っててすごい ★ 3363
 佐賀 ここが変だよ有田町!移住者だから気づいたまちの「おもしろ」探し ★ 68
 全国 あなたの地元はどんなとこ? よくわかる都道府県シリーズまとめ ★ 105
 埼玉 ほんとにトトロいたんだもん。埼玉に実在する「トトロの森」に潜入 ★ 298
 全国 全国の「うまい」丼を食べ歩き。ご当地どんぶり選手権、潜入レポ ★ 75
 全国 地元出身者をイラッとさせる、言ってはいけない一言シリーズ ★ 2406