ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

ふるさと納税で大ヒット!不況直撃の工場を救った「ままごとキッチン」

まつこ
まつこ
2015/11/09

宮崎の片田舎にある小さな家族経営の工場が急成長を遂げているという話を入手しました。にわかには信じられないのですが、いま全国で活発に行われている地域活性化事業をきっかけに、さらに成長を続けているというのです。しかも、子供向けに作られたたったひとつの商品だけで、数ヶ月先の予約まで埋まっているというのだから驚きです。

工場の危機を救ったのは、おままごと玩具

川崎さん

そんなミラクルを起こしたのは宮崎県小林市にある「川崎建具店」川崎賢広さん。先代の父が開業した小さな工場を継いだ当初は、ただひたすらに父の依頼通りに住宅用の木製品を作り続けていたそうです。

しかし2008年の不況の折、工場への仕事は減る一方で、一時は工場をたたむまでの危機にさらされたそう。そんな状況を抜けるきっかけとなったのは、なんと子供向けのおままごと玩具でした。

川崎建具店
「ままごとキッチン」を愛おしく見つめる川崎さん

「お前が木製品を作ったら、俺のショップで売ってやるよ」。子供向け玩具を作る事になったきっかけは、ネット通販ショップ「ホビナビ」を運営する同級生の一言だったそうです。同級生の知恵を借りてデザインを考え、作り始めたのが「ままごとキッチン」でした。

川崎さん自身も、建具以外を作ったことがない中で、試行錯誤してようやく作り上げた完成品第1号は、ネットショップに掲載して数日で友人から「売れたぞ!」との連絡があったそう。

細部まで子供の使いやすさにこだわったつくり
細部まで子供の使いやすさにこだわったつくりに

「使う子供のことを考えて、怪我をしないように角を落とし、でも木のぬくもりを肌で触って感じられるような商品にしました。木目の美しさや自然の匂いを感じてもらえるように、余計な加工はあえてしていません」。

川崎建具店
美しい木目はこだわりのもみの木ならでは

「見た目の美しさは、こだわりのドイツ製もみの木のおかげです。白っぽい優しい色味のあるものがいいと思い、この材木を選びました。以前は桐を使っていたのですが、こちらの方が黒く変色しやすい桐よりも見た目も良いし、適度に重さがある点も気に入っています。樹齢100年以上のものを使っていて、寒い地域で育った木ということで、とても丈夫なんですよ」。

ドイツ製といっても仕入先は地元の工場。その工場も、以前は宮崎県のもみの木を卸していいましたが、今は地元の木が激減してしまったこともあり、輸入品を仕入れるようになっているそうです。

川崎建具店
ままごとキッチン完成品(付属品は付きません)

川崎さんの作るままごとキッチンは、定価で3万円以上と、子供のおもちゃとしては決して安くはない商品です。にもかかわらず数日で、しかもネットショップという現品に触れることのできない方法でも販売できた。川崎さんのこだわりが伝わった結果に違いありません。

次ページ:意外な大ヒットのきっかけ

まつこ

おんせん県(大分県)生まれ。
好きな大分料理は「吉野鶏めし」、もちろん冷蔵庫に「かぼす胡椒」は欠かせない。現在は、持ち前の酒飲み女っぷりを発揮し、東京の飲み屋をさまよう日々。

ふるさと納税で大ヒット!不況直撃の工場を救った「ままごとキッチン」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 宮崎 思わず2度見。フランス人による小林市の移住動画に誰もがだまされる ★ 3125
 九州 PR動画で地方は変わるのか。宮崎県小林市の制作担当者に直撃してみた ★ 345
 関東 日本の伝統工芸が大集合!東京・名古屋に衣食住の芸術が集う ★ 21
 栃木 森に真っ白な建物を作ったわけ。那須塩原の自然は「公園の父」から始まった ★ 26
 三重 限界集落に飛び込み移住した男が作った「大人の秘密基地」 ★ 177
 栃木 那須塩原「小太郎ヶ淵伝説」に残された二つの逸話の謎 ★ 13