ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

いいなチェコ。プラハ帰りに喜ばれるテッパンのお土産はコレ

Haru
2018/06/13

中央ヨーロッパに位置するチェコ共和国。小国でありながらも、中世そのままの美しい歴史的建築物を残す首都・プラハをはじめ、意外と見どころが多い国です。そこで今回は、世界各国を旅するHaruさんが厳選した、チェコを訪れた際のオススメお土産7品をご紹介。チェコ旅行にいく予定の方は参考にされてはいかが?

1.チェコ国民愛飲のビール【コゼル(Kozel)】

チェコと言ったら、やはりビールでしょう。

ビールというとドイツやベルギーをイメージする方もいるかもしれませんが、チェコは国民一人当たりのビール消費量世界一ピルスナーの発祥地(ピルゼン地方)でもあり、またアメリカの「バドワイザー」も、チェコ南部にあるチェスケー・ブジェヨビツェという街で作られているビール「ブドヴァル」がルーツなんです。

チェコには「ホスポダ」と呼ばれる居酒屋がどんな田舎町にも必ず存在し、昼でも夜でもみんなビールを飲んでいます。ホスポダやレストランでは水は有料なので、ビールを飲む方が安いっていうことが結構あります。

そんなチェコでお土産選びをするならビールは外せません。日本でも有名なピルスナーウルケルやブドヴァルをお土産に選ぶのもいいですが、チェコ人が良く飲んでいてスーパーにも必ずあり、値段もリーズナブルなのが「Kozel(コゼル)」。山羊の絵がモチーフで飲みやすいビールです。

缶や瓶の500ミリリットルが一般的ですが、大人数向けのペットボトル1.5リットルという商品も。相手を驚かせたいなら、日本では珍しいペットボトル入りのビールがオススメかもしれません。

2.プラムのお酒【スリヴォヴィツェ(Slivovice)】

プラムから作られるブランデーの「スリヴォヴィツェ」。チェコに限らずスロバキアやポーランドでも作られているお酒で、平均的にアルコール度数40%以上という強いお酒です。

チェコの空港にも並んでいるのですが、実は街中のスーパーで買ったほうが空港よりお得。またスーパーでは、タイミングが良ければ割引していることもあります。

よく冷やしたのをショットグラスでグビッっと飲むのがオススメで、香りもよく飲みやすいので何杯も飲めてしまうのが少々怖いところ。ただ、お酒好きな人へのお土産にはピッタリでしょう。

3.「飲泉所」が由来のお菓子【コロナーダ(KOLONÁDA)】

チェコのお菓子「コロナーダ」は、ワッフル生地とチョコやバニラのハーモニーが絶品なお菓子で、チェコ人も大好きな逸品。空港にも並んでいますが、どこの街のスーパーにも必ずある定番中の定番品です。

箱入りや袋入りなどがあり、箱入りのものはしっかりしたお土産に見えるし、またバラマキ用には小さめの袋入りのサイズをまとめ買いできたりと、用途によって使い分けもできるところが、お土産品としてすごく便利だったりします。

ちなみにチェコには、カルロヴィ・ヴァリやマリアーンスケー・ラーズニェという温泉で有名な街がありますが、それらの街中にある飲泉所のことを「コロナーダ」と呼び、このお菓子の名前の由来なのだそう。

4.伝統料理がインスタントに【チェスネチュカ(Česnečka)】

チェスネチュカはニンニクがベースとなったスープで、中にはベーコンやチーズ、クルトンがたっぷり入っており、一度食べたら癖になるおいしさ。そのままスープをお土産として持ち帰ることはできませんが、このようにインスタントスープの粉末ならかさばることもないですし、さらにはリーズナブルな価格で買えるので、バラマキ用のお土産にもオススメです。

チェコではランチタイムにスープを飲む人が多く、このチェスネチュカはニンニクベースですが人気の一品。あまりの美味しさに、お土産としてではなく自分用にも欲しくこと間違いなしです。

5.純度が高さが自慢【ハチミツ(med)】

ハチミツはチェコの特産品の一つ。チェコの街中にはハチミツ専門店がいたるところにあったり、田舎町にいけば養蜂をしている家もあったりと、ハチミツが生活に根付いています

そんな名産地ならではの純度のいいハチミツは、お土産にもぴったり。チェコ語でハチミツは「med」と言い、スーパーでももちろん買えますが、市場のようなところに行けば、生産者が直接販売しているものを手に入れることもできます。

6.チェコで買えばリーズナブル【キャビア(Kaviár)】

キャビアというと日本では高級食材というイメージですが、チェコではかなりリーズナブルに購入できる身近な食べ物です。

そもそもキャビアとは「魚の卵」を意味するため、チョウザメの卵だけではありません。チェコのスーパーに行くと、黒いキャビアや赤いキャビアなど様々な種類があり、それらが200円程度で並んでいます。

7.チェコ料理に欠かせないハーブ【マジョラム(Majoránka)】

マジョラムと言われてピンとくる方は、かなりの料理通かも。

ハーブの一種として、チェコでは料理によく使われているマジョラム。日本でも手に入りますが、チェコのスーパーではハーブが多く並んでおり、値段も驚くくらいリーズナブル。ハーブ好きな方へのお土産にはぴったりです。

おわりに

ここでご紹介したお土産は、チェコの土産として外せない逸品ばかり。特にスーパーなどで買えるお土産は、安価に入手しやすくバラマキ用としても重宝しますし、ご家族や身内の方に気軽にあげるお土産としても喜ばれますよね。

チェコのスーパーに行くと、隣国産のお菓子も多く並んでいますが、値札にチェコの国旗が表示されている店もあります。ここでご紹介したものも参考にしながら、ぜひチェコ産のお土産を選んでくださいね。

image by:Sanga Park / Shutterstock.com

現在は都内の旅行会社で働きつつ、週末をからめた弾丸トラベラーとして世界各国を旅するアラサー女子

いいなチェコ。プラハ帰りに喜ばれるテッパンのお土産はコレ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 アジア GWに「プチ海外移住」するなら、バリ島の楽園・ウブドで決まりでしょ ★ 31
 東京 惜しむ声が続々。銀座の老舗キャバレー「白いばら」来年閉店へ ★ 12685
 国内 6千人のユダヤ人が上陸した過去も。鉄道と港の町「敦賀」の意外な歴史 ★ 216
 全国 「ふんどし」よ、世界へ。オシャレで健康的な日本の伝統下着に大注目 ★ 203
 香川 100年生きる、日本最古の原木。葉まで味わい尽くす小豆島のオリーブ ★ 82
 北海道 1番人気は「開拓おかき」。100億円を売る北の絶品菓子屋「北菓楼」 ★ 79
 イタリア 145年の歴史を持つイタリアのお祭り「ヴィアレッジョのカーニバル」 ★ 14
 ベルギー 3年に1度、ベルギーで大人気の「猫まつり」が今年5月に開催 ★ 326