旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

一度は見てみたい。メキシコのカラフルな町「グアナファト」の絶景

ヒトミ☆クバーナ
ヒトミ☆クバーナ
2018/07/11

グアナファトの路地を歩く

もともと観光客が多いグアナファトですが、国際セルバンテス祭の期間中は、さらに人があふれます。

町の中心にある、メイン会場の「フアレス劇場」にも、セルバンテス祭の大きな垂れ幕がかかっていました。

しかし、混み合う中心部をそれて一歩横道に入ると、意外とのんびりしています。

まずは、歴史ある世界遺産の町を、ゆっくりと散歩してみましょう。

グアナファトの町には、狭い路地と、小さな広場が無数にあります。

この路地は「くちづけの小道」という、人気の観光スポット。メキシコ版ロミオとジュリエットの伝説がある場所として有名です。

photo by Flickr

昔、両親に認められない秘密の恋をしていた娘と息子が、ここに隣同士で住んでいました。二人は家族の目を盗み、バルコニーから夜ごと身を乗り出してくちづけを交わしたそうです。

しかし、その姿が娘の父親に見つかり、怒った父親により娘は命を絶たれたと伝えられています。

そんな伝説が残るこの狭い路地では、カップル達が実際にくちづけを交わしながら写真を撮るのが定番になっています。


入り組んだ路地を抜けると、スペインの有名な小説の主人公、ドン・キホーテとお供のサンチョ・パンサの像がありました。

国際セルバンテス祭の起源は20世紀中頃、小説「ドン・キホーテの作者セルバンテスの作品が、グアナファトで上演されていたことにさかのぼります。

だから、メキシコのお祭りに、スペイン人であるセルバンテスの名前がついているんですね。

ふと目を上げると、町の中心を覆うように、山の斜面に広がる家々が見えました。

メキシコ帰りの関西人ライター。大阪在住、夫はメキシコ人。渡航歴はオーストラリア、ニュージーランド、メキシコ、キューバ、韓国など。元劇団員で元バーテンダー。映画、お酒、博多大吉を愛す。

ブログ:大人が本気で遊ぶログ

Twitter:@hitomicubana

一度は見てみたい。メキシコのカラフルな町「グアナファト」の絶景
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 手ぶらで行って着物でぶらり。浅草散歩を「旅」にする着付け体験
 韓国 海外旅行って、地下鉄を乗りこなせると「旅の達人感」が増すよね ★ 26
 韓国 【韓国】BIGBANGファンも巡礼、YG社長が経営する本場サムギョプサル店 ★ 29
 スペイン 不気味なほど神秘的。スペインの「海底ミュージアム」 ★ 227
 アメリカ 旅の上級者におすすめ。アメリカのミステリアスすぎるスポット10選 ★ 29
 アメリカ 逆境に打ちかった不屈のホテル王「ヒルトン」が残した教訓 ★ 560
 千葉 オトナの週末「ラテン化」計画。今秋、千葉みなとでサルサNIGHT開催 ★ 14
 神奈川 そうだ、ラピュタに行こう。東京湾では唯一の自然島「猿島」を探索 ★ 141