ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

不気味なほど神秘的。スペインの「海底ミュージアム」

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2018/03/26

みなさんは美術館に行くのは好きですか? 展示会ももちろんのことですが、美術館という空間を訪れること自体が目的という方も多いのではないでしょうか。美術館の魅力は、展示作品だけではなく、その雰囲気も大きいですよね。しばし喧騒から離れ、静閑な空間でアートに触れる、ということに醍醐味があるのではないでしょうか。今回スペインに現れた美術館が位置するのは、なんと海底!製作年月は2年間、ヨーロッパ発の海底ミュージアムです。一体どんな世界が展開されているのでしょうか?

 

地上とは一味もふた味も違う海底のミュージアムに世界が注目

Jason_deCaires_Taylor_sculpture-07081

海底ミュージアムがあるのは、スペインのカナリア諸島にある”ランサローテ島”。ランサローテ島と言ってもピンとこないかもしれませんが、Jリーグ元鹿島アントラーズの柴崎岳が移籍して話題になったテネリフェ島の近くの島です。

3年以上の製作期間を経て完成した『Museo Atlantico』と呼ばれるその海底ミュージアムは、2016年3月より一般公開されていますが、実際に鑑賞することができるのは、シュノーケルをつけたダイバーや海に住む生物たちだけ

国際的なアーティストJason deCaires Taylor氏が手がけた実に300体以上もの彫刻が展示” されているのは、深さ12〜15メートルほどの海中なのです。

DSC08169
Taylor氏が手がけた彫刻
Jason_deCaires_Taylor_sculpture-07134
水中の彫刻には躍動感がある

「世界への扉」をコンセプトにしていると語るTaylor氏は、メキシコ・カンクンにある海底美術館「MUSA」をはじめ、これまでに同様のミュージアムを、バハマや西インド諸島内にあるアンティル諸島に展開しています。

環境彫刻家としても知られるTaylor氏ですが、もともとこのプロジェクトを始めたのは海の美しさを守るため。

ダイビングスポットで知られるリゾートでは、毎年たくさんのダイバーが潜るため、サンゴ礁が傷ついてしまったり、美しい海が失われつつありました。そこで海の環境とサンゴ礁を守るために、ダイビングスポットから離れたエリアに海底の美術館を設置することで、一箇所に分散させないようにするために始めたのがこのプロジェクトの大きな目的のひとつだそうです。

DSC08199

DSC08303
ブランコに乗った彫刻

Jason_deCaires_Taylor_sculpture-06080
Jason_deCaires_Taylor_sculpture-06056

新たなダイビングスポットが生まれたことによって、海の美しさが守れますね!

TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

不気味なほど神秘的。スペインの「海底ミュージアム」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
ジャルカード さあ梅雨があけた。今年の夏こそ行ってみたい、日本の美しき離島
 全国 海外も注目。古き良きニッポンで「古民家ステイ」が静かなブームに ★ 835
 埼玉 外国人もビビった。東京近郊に実在する、巨大な地下神殿に潜入取材 ★ 340
 鹿児島 女性の温泉探検記…鹿児島になぜか多い「家族風呂」が驚きだらけ ★ 127
 その他のエリア 世界が「日本の抹茶」に恋してる。訪日外国人にも広がる本場のMATCHA ★ 253
 埼玉 ほんとにトトロいたんだもん。埼玉に実在する「トトロの森」に潜入 ★ 300
 全国 移住希望ランキング、長野、富山、新潟、北海道はなぜ人気が高いか ★ 569