ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

地元では有名だけど、全国的には知名度低い「お土産」ランキング

TRiP EDiTOR編集部 k
2018/08/11

8月中旬、お盆休みに夏休みを重ねて帰省する方も多いのではないでしょうか。久しぶりに地元に戻る際は、せっかくならみんなが喜ぶお土産を持って帰りたいですよね。

株式会社インテージリサーチの「ふるさと名物に関する知名度調査」のお土産の知名度ランキングによると、全国ふるさと名物5000産品、1万人の知名度を調査した結果、みんなが知ってる定番のお土産がトップテン入りしていました(2017年)。

全国知名度上位10の産品(2017年)

1位は北海道の「白い恋人」、2位は京都府の「生八ツ橋」、3位は沖縄県の「ちんすこう」がランクイン。なんと3年連続同じ順位で、その土地といえばこれ! という圧倒的な知名度を誇っています。

地元では有名だけど意外と知られていないお土産がある?

その他にもランキングには入っていませんが、岩手県の「かもめの玉子」、宮城県の「萩の月」、東京都の「東京ばな奈」、山梨県の「信玄餅」など、全国の47都道府県にはお決まりのお土産があるものです。では、反対に地元では有名だけど全国的にあまり知られていないお土産はどんなものがあるのでしょうか? 今回はランキング形式でご紹介していきます。

第10位:富山県「入善ジャンボ西瓜」

第10位は富山県入善町の名産品、入善ジャンボ西瓜です。実はあまり知られていませんが、入善ジャンボ西瓜は日本一大きなスイカで、平均的な重さは15kg~18kgで大きいものになると25kgにもなるとか。まさにジャンボ西瓜ですね。しかも室町時代から作られていた歴史あるスイカなのです。し、知らなかったーー!

第9位:秋田県「だまこもち」

第9位は秋田県の名産品、だまこもちです。たまごもちじゃないですよ。だまこもちですよ。秋田県の郷土料理の一つで、粒が残る程度につぶして丸められたお餅です。主に鍋の具材として親しまれていて、きりたんぽよりも好きな県民も多いのだとか。

 

#だまこもち #焼きだまこもち #きりたんぽより #だまこもち派 #ゆうごはん #だまこ鍋

コージー@CharleyDavisさん(@charley_davisks)がシェアした投稿 –

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

地元では有名だけど、全国的には知名度低い「お土産」ランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 【クイズ】日本各地にある銅像、さて、名前は何でしょう? ★ 99
 東京 贈り物の定番お菓子「ヨックモック」、青山本店で食事ができるって知ってた? ★ 29
 国内 旅行で応援しよう。ふるさとや被災地を支援する「割引旅」が人気 ★ 120
 九州 九州のびっくり人間大集合? 九州各地のトンでも名人が魅せるヤバい技たち ★ 2
 全国 奇跡の絶景No.1が決定! 夏に見たい日本の絶景ランキングTOP10 ★ 1752
 全国 美女が多いのは福岡県、香川はカカア天下…2018県民イメージ調査発表 ★ 1326
 京都 京都のこと、どれだけ知ってるつもり? 旅好きの京都検定クイズ ★ 64