ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

銭湯は東京から変えていく。外国人からも人気、進化する老舗銭湯

町田忍
町田忍
2018/10/10

10月10日は「銭湯の日」。みなさん最後に銭湯に行ったのはいつだか覚えていますか? 「いつも通っているよ」という方もいれば、「小学生以来行っていないなぁ」なんて方もいるのではないでしょうか。

銭湯は、ピーク時には日本全国で約2万件もあったといわれていますが、年々減少傾向にあり、東京都内だけでもその数は562施設(平成29年時点)となっています。しかし、近年では改装をして古き良き銭湯文化と新しいコンセプトを取り入れた銭湯が外国人からも注目されていることをご存知でしたか?

今回は、新しくリニューアルした歴史ある銭湯に注目。長年にわたって日本国内随所の銭湯を取材している銭湯研究の第一人者である町田忍さんに、都内で注目されているリニューアルした銭湯を紹介していただきました。ひとっ風呂浴びて、癒されてみてはいかがでしょう。

品川区「武蔵小山天然温泉・清水湯」2008年リニューアル

清水湯は、大正13年(1924年)に現在の場所で創業した老舗銭湯である。地元出身の初代が、竹林の広がる田園風景に銭湯を開業。2代目の時代に思い切って温泉を掘ってみたところ採掘に成功。現在の3代目の時代、2008年5月にリニューアルした。リニューアル工事中に2本目の温泉を採掘したときに、1本目の温泉とは異なる泉質の黄金色の温泉が出た。したがって都内数ある銭湯を含む公衆浴場において、私の知る限り、一つの施設に2種類の温泉がある浴場は「武蔵小山天然温泉・清水湯」以外に知らない

「武蔵小山天然温泉・清水湯」の特徴をいくつか紹介すると、まずはその外観だ。和風モダンで入り口は江戸時代の門のようになっており、ロビーに沿って日本庭園がある。ここの温泉を使ってつくられた「温泉卵(50円)」は名物となっている。2階には岩盤浴もある(女性のみ)。湯船はすべて東京の温泉の特徴でもあるコーラ色の黒湯。奥の露天風呂2種はすでに述べた黒湯と黄金湯の温泉となっている。場所柄、近辺にグルメ店が多いのも特徴である。

提供:清水湯
提供:清水湯
提供:清水湯

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kenta Anazawaさん(@kentaanazawa)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ployさん(@ploykay)がシェアした投稿

観光地情報
  • 清水湯
  • 東京都品川区小山3-9-1
  • 東急目黒線「武蔵小山駅」より徒歩5分
  • 定休日:月曜日(祝日の月曜日営業)
  • 平日・土曜・祝日12:00~24:00、日曜:8:00~24:00
  • http://www.shimizuyu.com/

町田忍

銭湯研究の第一人者。エッセイスト、コメンテーター、写真家としても活躍中。

銭湯は東京から変えていく。外国人からも人気、進化する老舗銭湯
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 東京 近くて手頃な炭酸泉。460円で楽しめる東京23区内の「炭酸泉」銭湯 ★ 474
 東京 こんなところに天然温泉が。都心から走って行ける温泉施設9選 ★ 52
 鹿児島 女性の温泉探検記…鹿児島になぜか多い「家族風呂」が驚きだらけ ★ 128
 東京 東京にも天然温泉。「源泉かけ流し」が楽しめる都内の本格温泉5選 ★ 175
 東京 銭湯好きの新たな遠征スタイル。走って行く「風呂ラン」が気持ちいい ★ 297
 東京 銭湯研究の第一人者・町田忍氏がこっそり教える、都内のレトロ銭湯 ★ 86