旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

銭湯は東京から変えていく。外国人からも人気、進化する老舗銭湯

町田忍
町田忍
2018/10/10

文京区「ふくの湯」2011年リニューアル

旧屋号は「富久の湯」だったが、2011年12月にリニューアルしたときに現在の「ふくの湯」に屋号を変更したそうだ。その外観もユニークで、これが銭湯なのかと思ってしまうが、入り口上部にはひょうたんのような穴のある一際目を引く和風デザインとなっている。「お客様にも福がくるようにと店内のカラーリングは風水の理論を参考にして配色しました」とご主人は説明してくれた。その証として、浴室境には地元の谷中の七福神の絵が描かれている。

浴室は男女週替わりとなっている。左側の「大黒天の湯」の浴室正面には中島盛夫絵師による赤富士の下には黒松の特注モザイク絵がある。浴槽は、鳥取県の三朝温泉をモデルとした人工ラジウム温泉、ボディジェット、エステジェットバスとなっている。「弁財天の湯」は天然生薬を中心とした薬湯。大人一人が入れる陶器製のつぼ湯、座風呂、檜湯となっている。中身の濃い銭湯である。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@vudansmarueがシェアした投稿

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

yukoさん(@e_oyu)がシェアした投稿

観光地情報
  • ふくの湯
  • 東京都文京区千駄木5-41-5
  • 東京メトロ南北線「本駒込」駅下車、徒歩5分
  • 年中無休
  • 11〜24時/土曜、日曜、祝日は8〜24時
  • http://www.sentou-bunkyo.com/pg65.html

町田忍

銭湯研究の第一人者。エッセイスト、コメンテーター、写真家としても活躍中。

銭湯は東京から変えていく。外国人からも人気、進化する老舗銭湯
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 東京 近くて手頃な炭酸泉。460円で楽しめる東京23区内の「炭酸泉」銭湯 ★ 479
 東京 こんなところに天然温泉が。都心から走って行ける温泉施設9選 ★ 54
 鹿児島 女性の温泉探検記…鹿児島になぜか多い「家族風呂」が驚きだらけ ★ 140
 東京 東京にも天然温泉。「源泉かけ流し」が楽しめる都内の本格温泉5選 ★ 186
 東京 銭湯好きの新たな遠征スタイル。走って行く「風呂ラン」が気持ちいい ★ 298
 東京 銭湯研究の第一人者・町田忍氏がこっそり教える、都内のレトロ銭湯 ★ 86