旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

銭湯は東京から変えていく。外国人からも人気、進化する老舗銭湯

町田忍
町田忍
2018/10/10

町田市「大蔵湯」2016年リニューアル

銭湯で外湯気分という願いを込めて2016年12月にリニューアルした銭湯。外観を見るとシンボル的な煙突に大蔵湯の文字がひときわ目をひくランドマークとなっている。ご主人によると「『わが町のもうひとつの風呂場』と感じてもらえるような銭湯にしました」とのこと。湯は良質な天然井戸水を軟水化しているので、肌にすべすべと気持ちいい。

雰囲気は温泉地の湯治場にいるようにリラックスできる。脱衣所も和風で趣のある松本民芸家具の椅子使用の落ち着いた空間となっている。さらに一歩浴場に入るとそこは床の半分ほどはある広い総檜風呂が目に入る。正面壁面はなんと黄金の富士山のモザイクタイル絵がある。これは特注オリジナルで、この銭湯しか見ることのできない豪華な富士山となっている。床は黒石の玉砂利なので、足のツボにここちよい刺激がある。小さく色々な機能のある浴槽のある銭湯が多いなか、あえて大きな気の浴槽にすることにより、ひとときの静寂と癒しの空間がここにはある。

image by: Googleストリートビュー

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ふじさん(@fujitrip003)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

子育て&お出かけ&温泉銭湯紹介 ベビーキッズTVさん(@babykidstv)がシェアした投稿

観光地情報
  • 大蔵湯
  • 東京都町田市木曽町522
  • JR横浜線「古渕駅」から徒歩10分
  • 定休日:金曜日
  • 14:00~23:00
  • http://ookurayu.com/index.html

いかがでしたか。都内には古き良き銭湯がまだまだたくさん残っており、リニューアルを機に外国人観光客の受け入れ態勢を整えている銭湯も増えてきているようですね。もちろん今回ご紹介した5つの施設は、都内でも歴史ある銭湯で、新たに改装しても変わらず地域の人に愛される魅力的な銭湯です。たまにはお家のお風呂ではなく、銭湯にでかけて大きな湯船に癒されてみてはいかがでしょう。

image by: 清水湯

町田忍

銭湯研究の第一人者。エッセイスト、コメンテーター、写真家としても活躍中。

銭湯は東京から変えていく。外国人からも人気、進化する老舗銭湯
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 東京 近くて手頃な炭酸泉。460円で楽しめる東京23区内の「炭酸泉」銭湯 ★ 479
 東京 こんなところに天然温泉が。都心から走って行ける温泉施設9選 ★ 54
 鹿児島 女性の温泉探検記…鹿児島になぜか多い「家族風呂」が驚きだらけ ★ 137
 東京 東京にも天然温泉。「源泉かけ流し」が楽しめる都内の本格温泉5選 ★ 185
 東京 銭湯好きの新たな遠征スタイル。走って行く「風呂ラン」が気持ちいい ★ 298
 東京 銭湯研究の第一人者・町田忍氏がこっそり教える、都内のレトロ銭湯 ★ 86