旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

車で走れる絶景砂浜。全長8kmの「千里浜なぎさドライブウェイ」

坂本 正敬
坂本 正敬
2018/10/25

誰も居ない砂浜をオープンカーで駆け抜ける。映画のワンシーンにもありそうな、夢のようなシチュエーションですよね。とはいえ、オープンカーで気持ちよく走れる砂浜など、日本には基本的にありません。無理に走ろうと思ってもタイヤを砂に取られて、ハマってしまうのがオチです…。しかし、実は夢のようなドライブを実際に体験できる場所が、石川県にはあるとご存じでしょうか。それが「千里浜なぎさドライブウェイ」です。今回は秋晴れの日に走りたい絶景のドライブウェイを紹介します。

全長8kmにわたって砂浜を走れる千里浜なぎさドライブウェイ

全長8kmの砂浜が自動車で走行可能 image by:石川県観光連盟

日本海には、石川県の能登半島が突き出しています。半島の海岸線は大部分が能登半島国定公園に指定され、絶景路が続くロケーションとなっています。冒頭で紹介した「千里浜なぎさドライブウェイ」は、半島の西側(外浦)の付け根にある千里浜、出浜海水浴場、今浜海水浴場を通る道路の総称で、なんと全長8kmにわたって砂浜を自動車で走れるようになっています。

もちろん走行は無料自動車も普通タイヤで走れます。天候によっては管理者(石川県)の判断で通行止めになる場合もありますが、基本的にはいつ行っても自由に走れますから、愛車で、あるいはレンタカーで繰り出したい爽快な絶景スポットになります。

砂の粒が細かく海水で硬く締まっているため自動車でも走行可

硬く締まった砂浜。黒く湿ったように見える場所は安全に通れる(筆者撮影)

どうして千里浜なぎさドライブウェイは、自動車でも走れるのでしょうか。千里浜の近隣にある有名ホテルに取材に行ったとき、千里浜、出浜海水浴場、今浜海水浴場の砂は細かく海水で硬くしまっているため、自動車で走っても問題ないと支配人から聞きました。石川県で最大の地方紙・北國新聞社が発行する石川県大百科事典『書府太郎 下巻』を見ても、

<幅70メートル以上の海浜で砂は粒が細かく海水でよく締まり>(『書府太郎 下巻』より引用)

と書かれています。上述の支配人の談によれば、千里浜海水浴場の北端、羽咋川よりも北側の砂浜で車を走らせると、タイヤが砂にはまり、身動きが取れなくなってしまうと言います。やはり千里浜なぎさドライブウェイは、貴重な海岸線なのですね。

翻訳家/ライター。1979年東京生まれ、埼玉育ち、富山県在住。成城大学文芸学部芸術学科卒。国内外の紙媒体、WEB媒体に日本語と英語で執筆する。 主な訳書に『クールジャパン一般常識』(クールジャパン講師会)。

車で走れる絶景砂浜。全長8kmの「千里浜なぎさドライブウェイ」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 富山 ダム湖から復活した、船でしか行けない秘湯「大牧温泉」 ★ 564
 富山 交通手段はトロッコ電車のみ。山奥の秘湯「黒薙温泉」 ★ 226
 富山 あの頃に戻りたくなる。懐かしい風景を楽しめる富山のブックカフェ ★ 147
 富山 富山にあるスタバはなぜ、今も「世界一美しい」と言えるのか ★ 54
 国内 1位は山口。日本全国「道の駅」人気ランキング2018年が発表 ★ 84