中世ヨーロッパが現代に蘇る。歴史好き必見の「ターボル歴史祭り」

Array
2018/11/24

ターボルの歴史祭りの魅力とは

ターボルの歴史祭りは毎年9月に3日間開催されます。なお、2019年は9月13日(金)から15日(日)までの3日間、開催される予定です。

ターボルの歴史祭り初日の夜と土曜の昼には、ターボルの英雄ヤン・ジシュカ将軍フス派のコスチュームを身にまとった人々の迫力あるパレードがあります。これを見るために早い時間から場所を確保しておく人もいるほどです。歴史好きなら一度は見ておきたいパレードの1つといっても過言ではありません。

ターボルの旧市街のいたるところで、さまざまな催しが行われているのも、この祭りの素晴らしいところ。15世紀当時を模した街角やキャンプ、病院を再現したエリアをはじめとし、子どもたちが楽しめる人形劇、大道芸、移動遊園地なども出現します。

ほかにも騎馬隊の戦いや、プロジェクションマッピング、有名ミュージシャンのコンサートなど、見どころが多すぎるほど。見たいものが多すぎて、うれしい悲鳴があがるような祭りですよ。

祭り期間中はターボル滞在がベスト


ターボルの歴史祭りは金曜の夜から始まり、日曜の昼くらいまで開催されます。金曜の夜と土曜がメインになりますが、3日間を通してパレードやさまざまなイベントが開催されるので、プラハから日帰りできる距離とは言え、そのまま帰ってしまうのは非常にもったいないところ。夜には花火が上がったりと朝から晩までイベントが多いので、祭り開催中はターボルに宿泊することをおすすめします。

いま読まれてます
 国内 あの絶景を鉄道で。憧れの全国「観光列車」ランキング TOP10 ★ 373
 広島 列車なのに浮き輪や舵も。広島市と三原市を結ぶ「瀬戸内マリンビュー」 ★ 62
 富山 ぶっちゃけ「富山」と聞いて、何を思い浮かべる? 富山に行って驚いたこと ★ 335
 海外 いいなチェコ。プラハ帰りに喜ばれるテッパンのお土産はコレ ★ 269
 全国 オトナの秘密基地。世界に認められた日本のすごーい図書館 ★ 2038
エアトリインターナショナル オーストラリアってどんな国?夏までに行きたい「気になる都市」を見つけよう!
中世ヨーロッパが現代に蘇る。歴史好き必見の「ターボル歴史祭り」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます