旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

名所・湯畑の周辺で。グルメも絶景も楽しむ日帰り「草津温泉」散策

梅原 慎治
梅原 慎治
2018/11/13

草津名物がひしめく「西の河原通り」

景観を配慮した茶色い看板のセブンイレブン。

湯畑からは、茶色い看板のセブンイレブン脇にある「西の河原通り」を通って西の河原公園に向かいます。この西の河原通りは、草津の名物がひしめく温泉街のメインストリートといってもよい通りです。

温泉まんじゅうを配ってくれているお店。

通りを歩いていると途中で、温泉街の2大スターのひとつである温泉まんじゅうを試食として配っているお店があります。お茶もいただけるので、ぜひ草津を味わってみてください。

試食でいただいた温泉まんじゅうとお茶でほっと一息。
美味しそうな香りが立ち込めています。
食べ物だけでなく、こんな彩りで目の保養もできます。

歩き始めて早々に温泉まんじゅうにありつくことができるこの通り、歩いているとさまざまな良い香りがしてくるので、お腹が空いた状態で行くのはとても危険だったりもします。色々なところに引き寄せられてしまうからです。

赤城どり塩焼きです。

私も、串焼きに惹かれて「赤城どり塩焼き」を買ってしまいました。柔らかすぎない引き締まった肉の旨みを味わうことができます。ちなみに、できるだけ歩きながら食べずにその場で食べることをおすすめします。その場で食べればお店脇のゴミ箱に串を捨てられるので、その後はゴミを持たずに散策できます。

店舗前に設置されたプールも温泉です。可愛らしいですね。
カゴに入れられているだけで美味しそうな卵たち。

さて、もう少し進むと、温泉街の2大スターの2つ目、「温泉卵」が姿を見せます。可愛らしいプールで温められている卵、これだけでも絵になりますね。

伝わり辛いのですが、“赤い黄身”なのです。

ここの卵、割ってみると驚くほど黄身が赤い!「赤い黄身」というのも何だか変な感じですが、実際そうなので、ほかに表現のしようが無いのです。温泉卵特有のとろみと甘じょっぱいタレが、卵の濃厚さを引き立ててくれました。


梅原 慎治

埼玉県生まれ、都内在住のツーリングライター。主に関東近郊を走り周り、美味しい物や良い景色などを見つけて楽しんでいる。趣味としてフルコンタクト系の空手も嗜んでいる。

名所・湯畑の周辺で。グルメも絶景も楽しむ日帰り「草津温泉」散策
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 和装が一番映える街、金沢。着物レンタルでカップル旅を格上げ
 埼玉 30秒ですぐ絶景。埼玉の秘境「三波渓谷」で出会った神秘的な景色 ★ 133
 群馬 どこか妖しげで艶っぽい。草津の秘境的な名瀑布「嫗仙の滝」 ★ 140
 埼玉 もう既にあった。埼玉飯能市に存在する、もう一つの「ムーミン谷」 ★ 143
 国内 日本の「ウユニ塩湖」は香川県にあった。世界の絶景そっくりスポット ★ 532
 国内 秋の絶景を車窓から。紅葉に出会えるローカル列車の旅 ★ 721