旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

台湾好きなら知っている。シェアNo.1のお茶専門店「KOI The」が東京初出店

TRiP EDiTOR ニュース
2018/11/19

紅茶、抹茶など多くの専門店が参戦し、ますます盛り上がりをみせるカフェ業界に、新たな新星の登場が決定しました。2018年11月25日(日)表参道にてグランドオープンするのは、なんと台湾で絶大な知名度と人気を誇るシェアNo.1のドリンク専門店「KOI The(コイ・ティー)」。

美しいロゴや洗練された雰囲気も相まって人気を呼ぶこと間違いなしの「KOI The」を、早速チェックしてみましょう。

12カ国で332店舗を展開する「お茶の専門店」

「KOI The」は、台湾のドリンク専門店「50嵐(ウーシーラン)」が台湾以外で展開する際のブランド名です。「50嵐」は台湾国内に500店舗もの展開があり、台湾を訪れた経験のある旅行者の方は青色で「50嵐」と描かれたマークの看板に見覚えがあるかもしれません。

そんな「50嵐」の海外ブランドとして展開する「KOI The」は、すでに沖縄と広島に4店舗出店しており、そちらも大人気。今回、東京での第1号店として選ばれた地はトレンド激戦区の表参道。「KOI The 表参道店」として、いよいよお茶専門店バトルへ参入します。

「KOI The」の魅力は、お茶にとって最適な「」への姿勢。唐の時代から伝わる「茶経」の記述を参考に定期的な水質検査を行うという追求ぶりが評価されています。

さらに、茶葉は台湾の新鮮な高品質なものをティーコンシェルジュが厳選。茶葉それぞれの最適な温度を見極め、徹底した管理を行うこだわりぶりで、一杯一杯の味わいを高めています。沖縄の店舗では期間限定のシークワーサージュースやシークワーサー緑茶などもあり、旅先で味わってみるのも良いかもしれません。

そして「KOI The」のポイントは、新鮮さを重視したゴールデンタピオカです。通常見かけるブラックタピオカはカラメルで人工的に色付けをしているもの。「KOI The」のゴールデンタピオカは無着色で天然原料賞味期限は2時間以内という新鮮なもののみが提供されます。大粒のモチモチ食感で、誰もが夢中になってしまう一品です。

「KOI The 表参道店」では、グランドオープンを記念して2018年11月25日(日)限定でキャンペーンを実施。「KOI The」のSNSをフォローし、関連キーワードをタグ付けすると先着でゴールデンタピオカミルクティー入り・オリジナルボトルがもらえます。ぜひ、この機会に台湾ローカルの極上の味を試してみてはいかがでしょうか。

観光地情報
  • KOI The 表参道店
  • 東京都渋谷区神宮前4-27-1 ギャラリードジム1F
  • 表参道/明治神宮前<原宿>
  • 年中無休
  • 10:00~21:00
  • https://koithe.jp/
  • グランドオープン:2018年11月25日(日)12:00~21:00

source:@Press!

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。旅行に関するトレンドニュースをお届けします。

台湾好きなら知っている。シェアNo.1のお茶専門店「KOI The」が東京初出店
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 死ぬまでに一度は乗ってみたいニッポンの豪華列車2018年版 ★ 912
 国内 心奪われる秋の絶景。日本の美しい紅葉スポット10選 ★ 293
 国内 秋の絶景を車窓から。紅葉に出会えるローカル列車の旅 ★ 705
 神奈川 パン大好きドイツ人が選んだ、本当に美味しい「日本のパン」ランキング ★ 606
 東京 さすが表参道。ウィスキーが飲める「大人の図書館」が静かなブーム ★ 1084