旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

グルメな道民がリアルに食べている「旬の味覚」TOP10

村田由美子
村田由美子
2019/01/27

第5位 やわらか鮭とば

鮭を皮付きのまま細く切り、潮風に当てて干した「鮭とば」。乾燥させて旨味を凝縮しただけに、本来は硬くてアゴが疲れてしまいがちですが、「やわらか鮭とば」は子どもから大人まで楽しめる食べやすいのも嬉しいポイントです。

北海道ならではの珍味と言われ、まさにローカルフード。とにかく北海道では大人気で、初めての方も一度は試してほしい一品です。

第4位 大型毛蟹 570g

見た目も迫力満点の大型毛蟹も上位の人気。北海道でカニといえば「毛蟹」といえるほどカニの中でもトップクラスの支持率です。

タラバガニやズワイガニと違って食べ難さもあるとはいえ、そのカニ味噌は格別の味。全体の身の美味しさはもちろん、脚肉も繊細な味が楽しめると根強い人気を誇っています。

第3位 ホタテ貝柱(冷凍 刺身用)

新鮮でプリプリの「ホタテ貝柱」が3位に登場です。北海道の豊かな自然環境の中で育ったホタテは絶品の一言。

解凍してそのままお刺身として食べてもよし、バター焼きなどのお料理の材料にもよし、下ごしらえが済んで万能なホタテはとにかく使い勝手がよく、旨味たっぷりの大人気商品です。


第2位 ズワイ甲羅盛

ゴージャスな見た目も魅力的な「ズワイガニの甲羅盛」が2位にランクインしました。「手間いらずで、カニが思う存分楽しめる!」と人気急上昇中です。

すでに剥いてあることから、解凍するだけでズワイガニと濃厚なカニ味噌を堪能することができます。STVショッピングでは2018年初登場ながら上位にランクインするという、話題沸騰の一品ですよ。

第1位 虎杖浜 竹丸渋谷水産 切れたらこ・明太子

堂々の1位に輝いたのは、見た目も美しい「虎杖浜 竹丸渋谷水産 切れたらこ・明太子」です。宮内庁に納めている製法をそのまま活かした極上品から、製造中に必ず出てしまう切れタラコを詰めたお得な一品です。


ちょっと切れていても味は全く同じでお得度が高く、リピーターも多い不動の人気ナンバーワン。ちなみに、北海道では「明太子」よりも「タラコ」の人気が高い模様です。

北海道を代表する食材がズラリと並んだ2018年の北海道・冬の味覚トップ10。このランキングを参考に、まだまだ続く冬により一層の魅力をプラスしてくれる北海道グルメを堪能してみてはいかがでしょうか。

source:PR TIMES

image by:Kei Shooting/Shutterstock.com(画像はイメージです)

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。 

ライター歴14年。美容師として働いていた時に出会った映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作に多大な影響を受けライターへと転身、多数の現場取材やインタビューを行う。海外プレミア/レッドカーペット・イベントへ足を運ぶことがライフワーク。

グルメな道民がリアルに食べている「旬の味覚」TOP10
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 長野 「信州味噌」は東京を2度も救っていた。味噌王国・長野の歴史 ★ 56
 全国 【続】地元出身者をイラッとさせる、言ってはいけない一言シリーズ ★ 984
 国内 1位は山口。日本全国「道の駅」人気ランキング2018年が発表 ★ 91
 国内 オムレツでまさかの町おこし。なぜ和歌山「はしもとオムレツ」は成功できたか ★ 656
 北海道 2019年3月31日まで。お得に観光支援できる「北海道ふっこう割」 ★ 42