旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

世界中の旅好きが選んだ、日本の「日帰り温泉&スパ」10選

TRiP EDiTOR ニュース
2019/02/16

第6位 仏生山温泉 天平湯/香川県高松市

6位には前回調査の13位から大幅にランクアップした、すべての浴槽がかけ流しとなっている温泉施設、香川県高松市「仏生山温泉 天平湯」がランクインしました。

浴場は内湯にヒノキ、ヒバ露天風呂があり、泉質はナトリウム炭酸水素塩、塩化物泉です。旧温泉名での泉質は美人の湯といわれる重曹泉で、つるつるとした感触が特徴です。

神経痛、筋肉痛、関節痛、運動麻痺などに効能があるとされ、大人600円とリーズナブルに楽しめるのも嬉しいポイントです。

第5位 ヘルシーランド たまて箱温泉/鹿児島県指宿市

5位には前回調査1位からダウンし、鹿児島県指宿市にある「ヘルシーランド たまて箱温泉」がランクインしました。同施設には開聞岳を望める和風の露天風呂と、竹山と海が一望できる絶景の洋風露天風呂があります。

泉質がナトリウム・塩化物強塩泉の源泉かけ流し(一部循環方式)のため、神経痛・関節痛・疲労回復などの効能があるそうです。

また、施設内には砂むし温泉”砂湯里”や、大浴場・家族風呂のある温泉保養館もあります。美しい開聞岳を眺めながらの露天風呂は、最高なひと時になること間違いなしですよ。

第4位 くらま温泉/京都府京都市

4位は、前回18位から大幅にランクアップした、京都府京都市にある「くらま温泉」です。

敷地内の地下7mから単純硫化水素泉で源泉温度は15度、透明の湯が絶え間なく自然に湧き出しており、リウマチ・神経痛などの効能があるそうです。

鞍馬の山を眺めて入る露天風呂は最高と評判です。


TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。旅行に関するトレンドニュースをお届けします。

世界中の旅好きが選んだ、日本の「日帰り温泉&スパ」10選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
Adobe(アドビ システムズ 株式会社) 詐欺なんて言わないで。旅行中の「失敗写真」を奇跡の1枚に直してみたぞ
 国内 「ひとり温泉」が流行中?温泉に対する意識調査、意外な結果が見えてきた ★ 140
 国内 いま台湾が大注目する「温泉総選挙」、日本の人気名湯TOP5が決定 ★ 50