旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

宿泊で、江戸の美を学ぶ。星のや 東京「江戸美人滞在」開催

村田由美子
村田由美子
2019/02/06

日本人に生まれたからには、ぜひ身につけておきたい、日本ならではの作法の数々。

現在ではなかなか体験することのできない、日本のさまざまな作法などを体験し学べる場として、日本旅館「星のや東京」が、江戸の女性の嗜みと美への意識を学ぶ1泊2日の滞在プログラム「江戸美人滞在」を開催します。

伝統を知り、作法を学べる新しい滞在プログラム

江戸の女性が大事にしていた教養美しい所作美への意識などを身に付けることを目指すプログラム「江戸美人滞在」が、2019年4月1日よりスタートします。

三味線や茶の湯、季節の室礼(しつらい)を学ぶお稽古のほか、当時から使用されていた素材によるスパトリートメント、特別朝食「江戸美人御膳」など、興味深いラインナップになっています。

泰平の世」と言われた江戸時代、人々の暮らしは豊かになり、江戸独自の娯楽文化や芸術が発達しました。

そのため、庶民も教育お稽古を受けられる環境が整い、生活の豊かさから女性たちも慣習に縛られない髪型や化粧を楽しむようになったとされています。

外見美に加え内面磨きも重要視し、礼儀作法などの教養などにも、高い意識を持っていたそうです。

今回「星のや東京」が贈る「江戸美人滞在」では、江戸の女性の美や教養を忙しい現代の女性に向けてアレンジし、プログラムを開発しています。

美しい所作から女性の嗜みとして重要視されていた「三味線体験」、日本独自のおもてなし精神を学ぶ「茶の湯」など、4つが体験できる「江戸の女性が嗜んだ4つのお稽古の体験」では、貴重な当時の文化を深く体感し「内面の美」を学ぶことができます。

また米糠オイルと椿油を使うスパトリートメントでは、江戸の女性たちが愛用していた米糠や椿油などを使用し、フェイシャル・ボディ・ヘアをじっくりとトリートメントしてくれます。

最高品質の素材で「外見の美」を磨く体験に体も心もリラックスできますね。

さらに旬の江戸野菜と魚貝を味わう特別朝食「江戸美人御膳」では、滋味あふれる旬の江戸野菜や魚貝を使い、体の内側から美しくなることを目指すひとときを過ごせます。

宿泊でゆったりとくつろぎながら、1泊2日の贅沢な江戸気分を味わうフルコースですね。

この気になるプログラム「江戸美人滞在」は、2019年4月1日から「星のや東京」宿泊者限定で開催予定です。都会のど真ん中でのタイムスリップを、心ゆくまで楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • 江戸美人滞在
  • 東京都千代田区大手町1-9-1
  • 0570-073-066(星のや総合予約)
  • 丸の内/大手町
  • 1名 9万8,000円/2名 14万8,000円(税・サービス料10%別、宿泊料別)
  • 開始日:2019年4月1日
  • https://hoshinoya.com/
  • ※1日1組2名(最小催行人数1名)、詳細はHPより

source:@Press

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。 

ライター歴14年。美容師として働いていた時に出会った映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作に多大な影響を受けライターへと転身、多数の現場取材やインタビューを行う。海外プレミア/レッドカーペット・イベントへ足を運ぶことがライフワーク。

宿泊で、江戸の美を学ぶ。星のや 東京「江戸美人滞在」開催
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社KPG HOTEL&RESORT 美しい海を目の前に。愛犬と「アイランド ナガサキ」で過ごす癒し旅
 京都 「下らない」と「下りもの」の語源に隠された、京都と江戸の上下関係 ★ 26
 国内 江戸情緒あふれる、いまもなお美しい「宿場町」7選【2019】 ★ 256