旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

2019年3月、松坂屋名古屋店に「KiKiYOCOCHO」が誕生

村田由美子
村田由美子
2019/02/28

名古屋に多くあるデパートの中でも伝統を持つ人気の松坂屋・名古屋店。常に多くの人でにぎわうこの松坂屋・名古屋店が、7年ぶりに南館2階を全面改装することを発表しました。

そして2019年3月20日(水)、女性の生き方や価値観が多様化する現代において、「これまでにない新しい売場づくり」をテーマに「美」「食」「雑貨」を融合させた新ゾーン「KiKiYOCOCHO(キキヨコチョ)」が誕生します。早速、その概要をチェックしてみましょう。

「ためせる・みつかる・くつろげる」隠れヨクバリストのための横丁

今回の全面改装にあたり、松坂屋は20~40代の女性508名にアンケートを実施しました。その結果、特に「美」「食」「雑貨」に興味と関心が高いことが改めて浮き彫りとなり、20~40代の女性社員を中心にプロジェクトチームを結成したとのこと。

名古屋女子」ともいわれる名古屋の女性たちは、全国的に「お嬢様」「派手好き」などのイメージも強く、ひとくくりに語られがちです。しかし、プロジェクトチームは今回の深層ニーズについて、以下のような仮説を立てたといいます。

名古屋って…派手、浪費家のイメージ…と誤解されがち。だけど、本当は…控えめ、倹約家、あまり目立ちたくない、頑張(がむしゃら)すぎない!ガツガツしたり、目立つのはイヤで、「現状には結構満足している」んだけど、でも「今よりちょっとだけ良くしたい」「1UPほど頑張らない、0.5UPがちょうど良い」そんな隠れよくばりな深層ニーズを持つ女性たちを、“隠れヨクバリスト”と命名!

この仮説をもとに、検証のため名古屋の女性15名にグループインタビューを実施。おおむね共感を得たのち「KiKiYOCOCHO」のコンセプトが「ためせる・みつかる・くつろげる」隠れヨクバリストのための横丁と決定されました。リアルな声を反映しているこのコンセプト、ワクワクしてしまいますよね。

こうして「KiKiYOCOCHO」では、カテゴリーの垣根を越えて「美×食×雑貨」をミックスし、名古屋女性の深層ニーズ「ためしたい、みつけたい、くつろぎたい」を満たす、新しい空間作りを開始。従来の百貨店の考え方にとらわれず、女性の興味・関心を売場づくりの核にしているとのこと。

イメージキャラクターのミステリアスな黒猫もかわいい、この「KiKiYOCOCHO」。名古屋女性たちだけでなく、全国の女性からも注目必至な内容となりそうですね。

  • KiKiYOCOCHO
  • 愛知県名古屋市中区栄3-16-1 松坂屋名古屋店 南館2階
  • オープン日:2019年3月20日(水) ※一部ショップは4月以降にオープン予定
  • https://www.matsuzakaya.co.jp/smp/nagoya/

source:PR TIMES

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。 


ライター歴14年。美容師として働いていた時に出会った映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作に多大な影響を受けライターへと転身、多数の現場取材やインタビューを行う。海外プレミア/レッドカーペット・イベントへ足を運ぶことがライフワーク。

2019年3月、松坂屋名古屋店に「KiKiYOCOCHO」が誕生
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
三井住友カード 旅好きが密かに駆使してるクレジットカードの裏ワザ