旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

世界に負けてない。日本国内にある、幻想的な絶景スポット10選

海外には、まるで映画の世界に飛び込んだかのような、幻想的な風景が存在します。でも実は、私たちが日常生活を送っているこの日本にも、現実にあるとはとても思えないような絶景スポットがたくさんあるのです。

今回は、日本全国にあるファンタジーな絶景スポットをご紹介していきます。写真でも楽しめるところばかりですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

青い池/北海道

image by:photoAC

北海道上川郡美瑛町白金の「青い池」は、繊細で微妙な加減によっていくつも色を変えるファンタジーな池。その理由は、池の底に沈殿したコロイド粒子が太陽光を散乱させて、波長の短い青い光が人間の目に届き、青く輝く池に見えるといわれています。

この幻想的な景観からカメラマンたちを中心に口コミで広がり、いつのころから誰からともなく「青い池」と呼ばれるようになったのだとか。

image by:photoAC

さらにこの青い池は、実は人造池です。1988(昭和63)年12月に噴火した十勝岳の堆積物による火山泥流災害を防ぐため、美瑛川本流に複数建設された堰堤のひとつに水が溜まったものとされています。

人造池といっても美しさは前述したように群を抜いており、冬季に期間限定でライトアップされるその姿は、昼間とは桁違いの絶景。観るものを魅了します。

蔦沼/青森県

image by:photoAC

青森県十和田市奥瀬の「蔦沼(つたぬま)」は、八戸方面から八甲田に向かう際の玄関口にあたる「蔦温泉」の裏手にある沼です。鏡沼・月沼・長沼・菅沼・瓢箪沼・赤沼とならび、「蔦七沼」と呼ばれています。

この沼は、近くにある「赤倉岳」が約30万年前に噴火してでき、季節や時間によってさまざまな姿に変化。特に紅葉の時期には水面も赤に染まり、その姿に感動したリピーターが絶えないそうです。

image by:photoAC

四季折々の自然の美しさに触れることができ、春の芽吹き、初夏にはホタルが見られます。


高山稲荷神社/青森県

image by:Shutterstock.com

青森県つがる市牛潟町鷲野沢の「高山稲荷神社」は、五穀豊穣、海上安全、商売繁盛の神様としてご利益のある神社です。幾重にも連なる「千本鳥居」はとてもインパクトがあり、一見の価値があります。

image by:Shutterstock.com

もともとは鎌倉時代から室町時代にかけて、この地を治めていた安藤氏の祈願所として創建されたと伝えられています。千本鳥居とともに庭園が造られていたりと、とても不思議な雰囲気を持つ神社です。

いま読まれてます
世界に負けてない。日本国内にある、幻想的な絶景スポット10選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます