旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

米国ホテルの栄枯盛衰。「グランドハイアットNY」を導いたトランプ物語

ケニー・奥谷
ケニー・奥谷
2019/05/08

米国でホテルコンサル業を営むケニー・奥谷さん。海外の高級ホテルや創業者たちの偉大な業績を紹介するメルマガ『「ニューヨーカーたち」 by ケニー・奥谷』から、アメリカ合衆国大統領にして不動産王であるドナルド・トランプ氏のこれまでをリアルな筆致で綴っていきます。

2019年2月には「グランドハイアットが2020年末をもって解体される」というニュースが話題となりました。そこで今回は、いまやアメリカ大統領となったトランプ氏の出世作であるプラザホテル買収から、グランドハイアットの解体までに至った栄枯盛衰ニューヨークホテル物語をご紹介していきます。

幼いトランプが抱いた大いなる夢

プラザホテル(アメリカ)image by:Sean Pavone / Shutterstock.com

1953年、7歳になったばかりのドナルドは両親に連れられ、プラザホテルの中央にあるカフェ「パームコート」にランチを食べに来ていた。父のフレッド・トランプはクイーンズを拠点とする不動産業者。主に住居ビルの開発を行う事業が成功し、トランプ・ファミリーは豊かな生活を送っていた。

「ほら、天井を見てみろ。ドナルド」

フレッドが天井を指差すと、7歳の子どもは見上げた。

「うわあ、きれいなステンドグラスだね!」

「ここは、世界一美しいと言われているカフェなんだ」

「へえ~。とうさん、ぼくが不動産屋になったら、このホテルを買ってみせるよ」

「それは大きな夢だな。頑張れ!」


ドナルドは大きくうなずいた。

ヒルトンからウエスタン・インターナショナルへ

時を同じくし、マンハッタンのルーズベルトホテル内にあるオフィスで、コンラッド・ヒルトンは受話器を握っていた。窓の外にはグランド・セントラル・ターミナルが見えている。

「ホテル数を伸ばすために、資金が必要になったんだ。プラザホテルの建物だけを売るつもりだ」

「建物だけで売れるんですか?」と、秘書のキャサリーン。

「売れる。本当はもっと値があがるまで、待つつもりだったんだが、スタトラーホテル全てを買う話がきまりそうなんだ。至急、資金作りをしなければならない。ホテル・コーポレーション・オブ・アメリカが買いたいと言っているんだが、しばらくプラザホテルの運営は続けたいので、土地は後から売る契約にするつもりだ。明日、社長のロジャー・ソニアーベントさんが来るので、この話を進めたいと思う」

この年、コンラッド・ヒルトンからプラザホテルの建物を買ったホテル・コーポレーション・オブ・アメリカ(後のソネスタホテルズ)のソニアーベントは、5年後の1958年に土地もヒルトンから購入し、21ミリオンダラーで投資家ローレンス・ウエインに売却した。

オーナーとなったウエインは、ホテル・コーポレーション・オブ・アメリカに14年間のマネージメントを任せた。そして、その契約が切れた1974年、エドワード・カールソン率いるUALのウエスタン・インターナショナル・ホテルズ(後のウエスティン・ホテルズ)が25ミリオンダラーで、プラザホテルを購入する。

トランプのトライアル

「ミスター・ヒューズ、お電話が入っています」

「誰?」

「ドナルド・トランプという方からです」

ヒューズは天井を見て、“フウ”と、ため息をついた。過去に2度、留守中に、この男から電話があり、話の要件は秘書から聞いている。話すだけ、時間の無駄と思っていた。

「つないでくれたまえ」

「かしこまりました」

「トランプさんですね。ヒューズです。なかなかお話ができずに申し訳ありません」

「いいえ、気にしないでください。私の一方的なお願いですから。いかがでしょう。プラザホテルを売っていただくことはできませんか?」

「私の一存では決められません。これはウエスタン・インターナショナル・ホテルズが買ったものですから。それに昨年、買ったばかりです。売ることは考えられないと思います」

「そこをなんとかお願いしたいんです」

すんなりと引き下がるような男ではない。彼の口調から、それは理解できた。

「まあ、それならば、いくらで買うつもりかだけお伺いして、本社に伝えます」

「25ミリオンダラーでいかがでしょう?」

「それは無理です。25ミリオンダラーと言ったら、弊社が昨年買った値段です」

「失礼いたしました。では50ミリオンダラーでいかがでしょう?」

ヒューズは受話器を少し離して眺めた。

なんだこの男は?いきなり2倍の金額をだしてくるとは。。。おかしな男だ。

「それでは、本社と話をします。結果、お知らせいたします」

ヒューズはシアトル本社で働いている弁護士に電話をかけた。

「プラザホテルを売って欲しいというトランプという男がいます。50ミリオンまで出すと言っていますが、どうしますか?」

「カールソンさんに相談してもいいですが、まあ、売らないでしょう。あのホテルは大切なフラッグシップですから。ところで、そのトランプって誰です?」

「近頃、ニューヨークで力をつけてきた不動産屋です」

「100ミリオンダラーだすなら、考えてもいいという返事をして終わらせるのがいいのではないでしょうか?」

「わかりました。そうします」

その返信にトランプは絶句する。

今は100ミリオンを出すことはできないが、これぐらいであきらめるようじゃ、俺の名が廃る。あきらめないぞ、絶対に!

トランプは執拗にフィリップ・ヒューズに迫り、毎月のように、食事を一緒に取る間柄になっていった。

ケニー・奥谷

奥谷啓介、NY在住。慶応義塾大学卒業後、ウエスティンホテルズ入社。シンガポールのウエスティン、サイパンのハイアット、そして世界屈指の名門ホテル・NYのプラザホテルに勤務。2001年米国永住権を取得、現在はNYを拠点に執筆&講演&コンサルタント活動中。日米企業にクライアントを持ち、サービス・売り上げ・利益向上の指導からPR&マーケティングまでのマルチワークをこなす。
メルマガ:「ニューヨーカーたち」 by ケニー・奥谷

米国ホテルの栄枯盛衰。「グランドハイアットNY」を導いたトランプ物語
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 アメリカ 逆境こそチャンス。「ウェスティン」繁栄の礎を築いたホテルマンたち ★ 169
 アメリカ 世界のホテル王「ヒルトン」はいかにして世界大恐慌を乗り越えたのか ★ 182
 アメリカ 志半ばで倒れたホテル王「セザール・リッツ」の成り上がり人生 ★ 180