旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

色あざやかな癒しの花畑。世界にあるファンタジーな「花の絶景」6選

セカイの旅路
セカイの旅路
2019/07/26

美しい「」は人の心を癒したり、感動させたりしてくれます。

昔から世界各国では、愛情やお祝いの印に使ったり、そして美の象徴として花を愛でてきました。そこで今回は世界の5大花名所をご紹介します。

王立植物園/イギリス

image by:Dafinka / Shutterstock.com

イギリスのロンドンのキュー地区にある「王立植物園」は、別名「キューガーデン」と呼ばれています。その始まりは1759年までさかのぼり、当時は宮殿の庭園として造られました。今では世界遺産にも登録され、世界中から多くの方が訪れています。

image by:Sareena Singh / Shutterstock.com

植物公園としてだけではなく、植物研究所施設としての側面も持っており、60年以上をかけて「植物誌」を編さんするなどの大事業も行っています。

日本からは1980年に53本のヤエザクラが送られて以来、ここを拠点として、イギリス各地に桜が広がりました。このように同園では1年中、さまざまな花を楽しむことができます。

キューケンホフ/オランダ

image by:Shutterstock.com

キューケンホフ」はオランダのリッセにある世界最大の花公園です。総面積は約32ヘクタールもの広さを誇り、毎年およそ700万もの花の球根が植えられています。

image by:Shutterstock.com

公園は毎年3月半ばから5月半ばの期間にしか公開されていませんが、4月ごろには色とりどりのチューリップが見ごろを迎えます。

また年に1度、「春の花のパレード(フラワーパレード)」が開催されています。毎年お祭りのテーマが異なり、2019年は「フラワーパワー」をコンセプトにたくさんの花で飾られた山車がパレードが行われました。

さらに春だけでなく、夏にもたくさんのフラワーパレードが開催されます。オランダを訪れた際は観光と一緒に覗いてみてはいかがでしょうか。


カールスバッドの丘/アメリカ

image by:Shutterstock.com

アメリカ・カリフォルニア州の「カールスバッド」では、毎年3月ごろになると色鮮やかなラナンキュラスの花畑が見ごろを迎えます。

image by:Shutterstock.com

広大な敷地を誇るフラワー・フィールド公園では、さまざまな色のラナンキュラスが一面に広がります。

ラナンキュラスはもともと地中海原産の花ですが、カリフォルニアの気候が栽培に適しているそう。アメリカの広大な花畑で美しい光景を楽しむことができるのです。

高校卒業から100カ国近くを旅した元バックパッカー。関西の編集プロダクションを経てフリーに。現在はタイを拠点にフリーの編集・ライターをしています。みんな、旅に出よう!

色あざやかな癒しの花畑。世界にあるファンタジーな「花の絶景」6選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい