旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

辛そうで辛くない。タイ料理「カオソーイ」がおいしい現地のお店5選

第3位 Nisara(ニサラ)

image by:大空しゅん

さて、第3位。ここは、なんとハラル料理の店なんです。

image by:大空しゅん

緑に囲まれた場所に位置していて、お客さんも多かったです。

image by:大空しゅん

どんなカオソーイが出てくるのか、期待でワクワクでした。

image by:大空しゅん

出てきました。しかし、トッピングはどこ?そう思っていると…

image by:大空しゅん

これが出てきました。この容器の中にトッピング用の野菜が入っていました。

image by:大空しゅん
image by:大空しゅん
image by:大空しゅん

実食しましたが美味しいです。スープも濃厚です。

image by:大空しゅん

しかも辛さも少し強め。私にとってはギリギリセーフ。

image by:大空しゅん

具も柔らかくてスープも熱々。非常に満足でした。


次は第2位ですが、非常に悩みました。総合力を選択するか?と言うのは、今まで紹介した店のカオソーイの値段は、すべて60バーツ(日本円で約200円ほど)前後。

残りの2店の内、1店の値段は200バーツ(日本円で約700円ほど)を超えています。コスパも含めるか悩みましたが、今回は値段は無視することにしました。

第2位 KiNkhawLaewKa

image by:大空しゅん

店の名前は、「KiNkhawLaewKa」ご飯食べましたか?そんな意味だと思います。

コスパを考えれば、1位の店です。

image by:大空しゅん

スープは、濃厚で味わいが深く、癖になります。

image by:大空しゅん
image by:大空しゅん

そして、スープの色も濃いのです。

image by:大空しゅん

値段は70バーツ(日本円で約240円ほど)。それを考慮すれば1位にしたかったけれど、次に紹介する店のスープのドロドロ感が良かったんです。

第1位 Kuppadeli(クッパデリ)

image by:大空しゅん

この店は、記憶によれば洋食屋さんだったと思います。お洒落なカフェの雰囲気も持ってました。

image by:大空しゅん

しかし、テーブルに座ると目についたのはこんな物でした。

image by:大空しゅん

そこで、オーダーしてみました。

image by:大空しゅん

もう今までとは違うスープの色です。

image by:大空しゅん

ドロドロ感が、伝わってきます。

image by:大空しゅん
image by:大空しゅん

実は、実食すると美味しさのあまりに、これ以上の写真が撮影されていないのです。それだけ美味しさで喜びながらの実食だったのだと思います。

このお店で、カオソーイを食べたがゆえに、興味をもって食べ歩くきっかけにもなったのです。したがって、もう1年以上この味を超えるカオソーイに出会っておりません。旅は、まだ続きそうです。

辛そうで辛くない。タイ料理「カオソーイ」がおいしい現地のお店5選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 和装が一番映える街、金沢。着物レンタルでカップル旅を格上げ