旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

一歩踏み入れたら、異世界。独特の空気流れる世界遺産の美しいお墓6選

セカイの旅路
セカイの旅路
2019/10/17

大自然あり、歴史的遺構あり、建造物ありとさまざまなものが登録されている世界遺産。すっかり世界中に定着し、多くの観光客が足を運んでいます。

そんな世界遺産ですが、なかにはもともとお墓だったスポットも多く存在することをご存じでしょうか。そこで今回は、世界遺産となっているお墓をピックアップしてご案内しましょう。

タージ・マハル/インド

image by:Shutterstock.com

インドのアーグラにある「タージ・マハル」は、ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、死去した愛妃ムムターズ・マハルのために建てた墓です。1653年に完成したこの墓標は、1983年に世界遺産に登録されています。

産後のひだちが悪く1631年に死去したムムターズ・マハルの遺言によって建てられたこの墓標は、南北560m、東西303m。広大な敷地内には、モスク前庭部大楼門庭園墓廟など多くの建造物が建っています。

墓というには、あまりにも素晴らしい構造や美しい外観。皇帝シャー・ジャハーンが、いかにムムターズ・マハルを愛していたかがよくわかりますね。

デリーのフマユーン廟/インド

image by:Shutterstock.com

インドのデリーにある「デリーのフマユーン廟」は、ムガル帝国の第2代皇帝フマーユーンの墓廟。つまり、「タージ・マハル」よりひと足早く完成した墓です。

1993年に世界遺産に登録されたこの墓標の庭園は、4つの正方形のエリアに分かれており、それぞれのエリアに美しい水路や園路が造られています。

メインの霊廟は、上部にドームを有する二重構造。この美しい造形は「タージ・マハル」に影響を与えたといわれています。

メンフィスのピラミッド地帯/エジプト

image by:Shutterstock.com

エジプトの都市ギザの南にあるメンフィスは「ピラミッド地帯」として有名なスポット。1979年に世界遺産に登録されました。


ここには、有名なクフ王のピラミッドをはじめとするギザの三大ピラミッドスフィンクスがあり、世界的に有名な観光地として多くの方が訪れています。

ギザの三大ピラミッドには、それぞれクフ王カフラー王メンカウラー王が埋葬されており、高さ138.8m、底辺の長さは約230mにも及びます。実際に訪れると、あまりの大きさに圧倒されることまちがいなし。

高校卒業から100カ国近くを旅した元バックパッカー。関西の編集プロダクションを経てフリーに。現在はタイを拠点にフリーの編集・ライターをしています。みんな、旅に出よう!

一歩踏み入れたら、異世界。独特の空気流れる世界遺産の美しいお墓6選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 手ぶらで行って着物でぶらり。浅草散歩を「旅」にする着付け体験