旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

「デートしない」がモテる?外国人が驚いた日本と違う恋愛ルール

Array
2019/12/25

外国人が日本人の男性、あるいは女性とお付き合いすると、少なからず母国とは違う「恋愛ルール」にカルチャーショックを受けると聞きます。

例えば、クリスマスといえば日本では「カップルで過ごす」というイメージがあるかもしれませんが、アメリカでは「家族と過ごす」ことが一般的です。このように日本人からするとごく普通に思っていることでも、外国人にとっては驚くケースも少なくありません。

そこで今回は、日本人と付き合って(結婚して)NGだと知り、外国人が驚いたエピソードについてインタビューを実施。

いくつかの意見には、これから外国人女性とお付き合いする際に役立つ内容が含まれているはずです。

昼のデートでお酒を飲んではいけないの?/カナダ出身

image by:Shutterstock.com

数カ月前、カナダの東部、ケベック州という場所に行きました。カナダでありながらフランス移民の子孫が多く、フランス語が公用語という独特のエリアですね。

ケベックを旅していると、当たり前にカナダの人々は、平日の仕事中でも昼間からワインやシャンパンを飲んでいました。

そんな国で生まれたカナダ人のFさん。母国の感覚で日本でも昼間からビールを飲んでいると、日本人の彼女に「昼間からお酒ばかり飲んで」とすごく嫌な顔をされたそう。

酔っぱらうほど痛飲した日のデートでは、「You must cast beer!(ビールなんて捨ててしまえ!)」と叫ばれた経験もあるのだとか。

image by:Gilberto Mesquita / Shutterstock.com

Fさんいわく、カナダ人の女性とお付き合いしているときは、昼間からお酒を飲んでも何もいわれなかったそうですが、日本人女性とお付き合いしたときに初めて注意され驚いたそうです。


確かに日本ではどこか、昼間の飲酒は「だらしない」「不真面目だ」という印象を持つ場合があります。しかし昼間から飲むお酒はとても幸せな気持ちになれる点も否定できません。

さすがに平日の仕事中は厳しいかもしれませんが、休日は昼間から外でも飲むような習慣を、日本人もそろそろ認めた方がいいのかもしれませんね。もちろんほどほどに。

いま読まれてます
 全国 「ふんどし」よ、世界へ。オシャレで健康的な日本の伝統下着に大注目 ★ 209
 長野 「売らない・貸さない・壊さない」住民が団結した江戸の原風景を残す宿場町 ★ 4108
 全国 「日本に訪れたくない」は0.5%未満。アジア5カ国の訪日旅行事情 ★ 78
 その他のエリア 「飲みニケーション」はまだ健在?飲み会・カラオケに関する調査 ★ 3
 全国 1位は徳島。夏の国内旅行、今年の人気上昇ランキングで四国に関心集まる ★ 1941
「デートしない」がモテる?外国人が驚いた日本と違う恋愛ルール
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます