旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ビール大好きドイツ人が選ぶ、本当に美味しい日本のご当地ビール

ミズサワ カノン
2019/10/26

街を歩けば見かける「クラフトビール」の文字。その人気はいまだ衰えず、いわゆる小規模な醸造所がこだわりを持って造り上げるその一杯に魅了され、さらに新たな一杯を求めて日本各地に足を運ぶコアなクラフトビールファンもいます。

2015年頃から続くマイクロブルワリーの急激な増加は、2018年になってさらにその勢いを増し、2019年1月現在で400箇所を超える結果になりました。(AlwaysLoveBeerより)

このように多くの人々を惹きつける、ご当地ビールともいえるクラフトビールは外国人観光客にも人気で、見学可能な地方の醸造所にわざわざ訪れる人もいるのだとか。

image by:MAHATHIR MOHD YASIN/Shutterstock.com

最近では居酒屋さんでもクラフトビールを目にすることが増え、今後ますます注目を集めていくだろう日本のクラフトビール。実際に、ビールの本場であるドイツでは、どのように思われているのでしょうか。

そこで今回は、パンソーセージのオススメでも話を伺った、国内各地に醸造所が約1,200もあるビール大国・ドイツ出身で、日本滞在歴約10年になるホフマンさん(仮名・40代)に、本当に美味しい日本の「クラフトビール(ご当地ビール)」を教えてもらいました。

ビール大国・ドイツのご当地ビール事情

image by:RusskyMaverick/Shutterstock.com

ミズサワ(以下、ミ):つい最近、横浜で開かれていたビールの祭典「オクトーバーフェスト」に行きました!1店舗を見ただけでもすごい種類のビールが並んでいたんですが、ドイツの基本のビールってどういうものなんですか?

ホフマンさん(以下、ホ):ドイツのビールは、大きく分けてふたつあるよ。低い温度で醗酵させた下面発酵ビール、それと高温で醗酵させた上面発酵ビールだね。

下面発酵のなかには、ドイツ全域で愛される「ラガー」、日本の定番ビールに近い「ピルスナー」、ミュンヘンなどで飲まれている「ヘレス」に「ミュンヒナー」とか、地域ごとで愛されているビールがあるよ。

上面発酵だと、バイエルンを代表する「ヴァイスビア」は外せないね。香りが強くクリーミーな味で、日本のビール好きなお店でもよく見かけるよ。あとは、ベルリンあたりではアルコール度が低くて飲みやすい、シロップを入れた「ベルリーナー・ヴァイセ」が人気だね。

:ご当地に1店舗有名なビールブランドがあるというより、エリアごとに愛されるビールがあるんですね。さすがドイツ…!


:そうそう。たとえば、ケルン周辺でしか作れない「ケルシュ」なんていうビールもある。だからドイツ人でも自分の出身エリアのビールが好きすぎて、「あそこのビールは好きじゃない」なんて言い合う人もいるよ。

:そういうホフマンさんは、お好きじゃないビールはあるんですか?

:美味しければなんでもいい!そしてビールはすべて美味しい!

神奈川出身川崎市出身。平成生まれの編集ライター。普段は紙媒体で編集をしています。お酒とカメラにお金を使いすぎて、取材以外はすき家のチーズ牛丼がごちそうです。

ビール大好きドイツ人が選ぶ、本当に美味しい日本のご当地ビール
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 手ぶらで行って着物でぶらり。浅草散歩を「旅」にする着付け体験