こんなところにリトルトーキョー。海外で愛される面白いジャパンタウン

Array
2020/02/22

駅名まで日本!ブラジルのジャパンタウン

「リベルダージ」/ブラジル・サンパウロ

image by:Vinicius Bacarin / Shutterstock.com

続いてご紹介するのは、ブラジル・サンパウロにある「リベルダージ(Liberdade)」。このジャパンタウンの存在を知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。

数百年前に移民してきた日本人を中心に発展してきたこの地は、いまでも約100万人もの日系人が住む場所。現地では、公用語のポルトガル語に混じって日本語も聞こえてきます。

image by:Vinicius Bacarinn / Shutterstock.com

2019年には移民110周年を記念して、メトロ1号線のリベルダージ駅が「ジャポン・リベルダージ駅」に改名されたことが大きな話題となりました。

日本の裏側に「日本」の名前が入る駅があるなんて、なんだか面白いですね。

image by:Aurora Angeless / Shutterstock.com

ジャポン・リベルダージ駅を降りてすぐ目の前にに現れるのはなんと日本のお城!立派な建物ですが、実はここは銀行です。

image by:Diego Grandi / Shutterstock.com

ブラジルの国旗が飾られる反対側には漢字で「日本庭園」の文字が。朱色の使い方に日本を感じます。

image by:Alf Ribeiro / Shutterstock.com

鳥居と提灯が連なるなんとも日本風な景色。

image by:Shutterstock.com

信号機まで鳥居だなんて、日本愛が詰まってますね。この凝ったデザインはぜひ日本でも採用してほしいです。

エリア内は日本食レストランはもちろん、日本の書籍を扱う本屋さんや、日系スーパーもあります。生鮮食品にお味噌にお菓子など、一般的な日本の食材はスーパーでなんでもそろいます


image by:N. Antoine / Shutterstock.com

七夕の時期には、「サンパウロ仙台七夕祭り」も開催。一見、日本のお祭りのようにみえますが、ここはリベルダージです。

image by:N. Antoine / Shutterstock.com

七夕祭りでは和太鼓や日本舞踊にYOSAKOI(よさこい)、空手の演武といった、日本の祭りさながらの演目が催されます。多くの演者が参加するパレードは圧巻ですよ。

いま読まれてます
エアトリインターナショナル コスパが高いLCC「ジェットスター」直行便でラクラク!ケアンズで大自然の癒やしを満喫しませんか?
こんなところにリトルトーキョー。海外で愛される面白いジャパンタウン
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます