こんなところにリトルトーキョー。海外で愛される面白いジャパンタウン

Array
2020/02/22

在住日本人が住まう街。コンビニ増加でさらに日本化

「レタントン」/ベトナム・ホーチミン

image by:StreetVJ / Shutterstock.com

ベトナム最大の都市であるホーチミンにもジャパンタウンがあります。そのジャパンタウンは、在住日本人の間で「レタントン(Le Thanh Ton)」と呼ばれる2kmほどの通りのこと。

ここ数年でこの通りに日本食店が増加し、道の両脇には寿司屋に居酒屋、ラーメン屋など、たくさんの飲食店が立ち並んでいます。

image by:AJNguyen / Shutterstock.com
image by:AJNguyen / Shutterstock.com

ベトナム全体ではいまも、昔ながらの市場や個人商店での購入が主流ですが、2009年にファミリーマートが初の日系コンビニ進出を遂げました。そして2017年にはホーチミン市内にセブンイレブン1号店がオープン。

ベトナムにいながらも手軽に日本の商品を購入できるようになったそうです。

image by:nguyen trung tin / Shutterstock.com

日系のコンビニエンスストアが増加することで、より一層ベトナムと日本の距離が近く感じますよね。

いま読まれてます
エアトリインターナショナル コスパが高いLCC「ジェットスター」直行便でラクラク!ケアンズで大自然の癒やしを満喫しませんか?
こんなところにリトルトーキョー。海外で愛される面白いジャパンタウン
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます