旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

コロナ禍でどう変わった?外国人に聞いた、世界のベッドタイム事情

Array
2020/10/10

景気後退の影響でそれどころではない/アメリカ

image by:Unsplash

一方で、コロナの影響で自宅で過ごす時間が増え、パートナーとの時間も増えたものの、逆に夜の頻度が減ったというアメリカ人もいました。

この知人は、国内での感染拡大の影響により営んでいるビジネスに問題が起き、落ち着かない日々を過ごしているといいます。

アメリカはコロナの感染者数も死亡者数も、世界でワースト1の状況です。さらにニューヨークの一部では再び感染が広がっていることを受け、ニューヨーク市長はロックダウンの措置を再びとる考えを明らかにしました(10月4日時点)。

影響が最も心配された時期には、現地に暮らす友人から、「都市がゲームの『バイオハザード』のような状態に陥っている」とも連絡を受けた記憶があります。

2020年3月のニューヨーク image by:GetCoulson / Shutterstock.com

にぎわっていた街のなかからは人が消え、医療機関は過剰負担。実際にアメリカ人の友人に話を聞いてみると、「外に出られない不安、コロナの先行きの不安、さらには仕事の不安も重なっている。

そのためパートナーとのベッドタイムを楽しんでいる心理的なゆとりがなくなり、逆にケンカも増えた時期があった」と率直に語ってくれました。

いまではビジネスの最大の難局を超えて、なんとか見通しがついてきたそうですが、まだまだ夜の時間が最優先の項目になる日は、来ていないみたいですね。

いま読まれてます
コロナ禍でどう変わった?外国人に聞いた、世界のベッドタイム事情
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます