旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

コロナ禍でどう生きるのか?旅に恋焦がれた者たちの2020年を振り返る

2020年3〜4月:ステイホーム期間にレイドバトル

気がつけば桜が散り始めていた(2020年4月)image by:編集部K

編K:弊社でも3月頭にはフルリモートワーク体制になりました。いわゆるステイホームですが、みなさんはどうされてました?

赤池:わたし、『ポケモンGO』(以下、ポケGO)やってました!このころにジム(注1)へのアクセス範囲が広がって自宅から届くようになったんですよ。それでひたすらレイドバトル(注2)とかやっていて。

ミズ:あーあったね。わたしも在宅が増えてさらに太りそうになったので、真夜中の運動というか気分転換がてらにポケGOで地元を散歩しまくりました。

「ポケモンGO」のイベント(2019年)image by:dekitateyo / Shutterstock.com

赤池ポケストップ(注3)めぐってたら「こんな近場にこういうスポットあったんだ〜」とか。ポケGOを介して地元の魅力再発見になりましたよね。

ミズ:そうそう、近くを散歩してたら「こんなところにこんな美味しそうなお店あったんだ!」とか、「こんなスイーツ店あったんだ!」とか。それで運動がてらだったのに結局テイクアウトしてまた食べるという……。

赤池:プラマイゼロ!どころか結局プラじゃないすかそれ(笑)

編K:わたしも毎年の花見が大好きだったんですけど今年はまったくできず。でも同じように近場を散歩がてら歩いてたら、こんなところに桜がとかこんな小さい公園にも桜がとかけっこう発見があったんですよね。

公園で発見した桜(2020年4月)image by:編集部K

編K:これまでは「花より団子」メインの花見でしたが、今年ほど桜をじっくり楽しんだのはなかった。結局、これまでで一番多く「花見」をしたかもしれない。

ただね、いつもは一眼レフ持って出歩くんですけど、なんか自粛中で「カメラ持って堂々と出歩いてます」というのが申し訳なくて。


ちゃんとマスクしながら健康のために散歩してている「ついで」なのでiPhoneでさっと撮影するだけで、でも夜間撮影だからノイズがすごいんですよ、それでiPhone………。

夜だとノイズが…(2020年4月)image by:編集部K

編T:ちょっと話長いです(笑)というかいつも長いので短めにお願いします!その後、東京に緊急事態宣言が出されたね。

赤池:GWにアメリカのロサンゼルスに行こうと予定立ててのですが、全部キャンセルしました。

編T:どうしてロスに?

赤池BTSのツアーがあって。BTSというかテテ(メンバー「V」の愛称)に会えるのをホント楽しみにしてたんですけど、結局ツアー全体中止になっちゃって。最初はアメリカだから大丈夫かなって思って、旅行だけでも行こうとしてたんですけど。

ミズ:確かに当初はアメリカではコロナ感染者よりインフルエンザのほうが注目されてた気がする。

編T:欧米人は「マスクをしない」というのがあっという間に変わっちゃって……この1年で本当、世界が様変わりしましたよね。

  • (注1)ジム…ポケモンを配置したりバトルできるスポット
  • (注2)レイドバトル…強いポケモンをほかのプレイヤーと協力して倒すこと
  • (注3)ポケストップ…アイテムを入手できるスポット

2020年GW:緊急事態宣言、そして都心から人が消えた

全然人がいない…(2020年5月)image by:赤池リカ

編K:当初、5月6日までの緊急事態宣言でしたが、1カ月ぐらい延長されましたよね。いわゆる「3密回避」が叫ばれた今年のGWはどうしてましたか?

赤池:覚えてないなー。あー、でも自転車でいろいろ回ってた気がする。近場の散歩に飽きてきたんで自転車で遠出というか、自転車だと密を避けられるし。びっくりしたのが都心がガラガラで道とか車が全然走ってなかったんですよ。

編T:都心ってどの辺?

赤池丸の内とか東京駅とか銀座ですね。

ちょっと映画『インセプション』っぽい(2020年5月)image by:赤池リカ

編T:あー。人が消えたって話題になってましたね。

赤池:あれだけにぎやかだった東京のど真ん中に人がまったくいないのが怖かった。まるでバイオハザードというかゾンビ映画みたいに都会なのに人がまったくいない画がやばかった。

ミズ:確かに道は空いてましたね。

GWなのに人がいない東京駅(2020年5月)image by:赤池リカ

赤池:そうそう。車がいないから、大きな通りをチャリで駆け抜ける爽快さ。でも都心に近づくにつれどんどん人影が消えていくという……「ここからさき、千代田区」みたいな看板でてきてゴクリと息を呑みこみましたね(笑)

編T:わたしもほとんど家にいたんだけど、子どもがいるので、どっか連れてけってうるさいんですよ。それで公園とか行くんだけど、遊具に「使用禁止」のテープが張りめぐらされていて……。GWなのにどこにも行けないって、本当に辛かった。

編K:なんかどこにも行けないというかコロナの制限があったからこそ、いろいろ行きたいところが出てきませんでした?「わたし、コロナが終わったらあそこ行くんだ」って。

ミズ:なにその死亡フラグみたいの(笑)

編K:いやいや(笑)でも旅って本能なのかもって思いました。

赤池:飯能?

編K:そうそう、ムーミンバレーパークがある埼玉の飯能市から始めるのが旅の本望って、違うから!本能!ホ・ン・ノ・ウ!

ミズ:飯能といえば駅前にめっちゃうまいうどん屋があるんですよね。

編K:待って。ねぇ待って。飯能市の話したいんじゃないから話題変えないで。

ミズ:いやまたなんか話長くなるかなって。

編K:聞いて、ねぇ聞いて。旅って人間の欲求というか本能だと感じたんです。なにかこうどこにも行けないと内側から突き動かされる欲望を感じるというか。

編T:ええ、まあ(棒)

編K:旅って、なんというか、日常の連続性から絶たれたところにあるというか、

編T:ええ、まあ(棒)

編K:むしろ日常の連続性をあえて断つことで非日常を満喫するというか。TRiP EDiTORというメディアはそういう……

編T:あれ?Kさん?

ミズ:Kさんのハングアウトが落ちましたね。

赤池:話が長いからGoogle Meet(グーグル・ミート)が忖度したんじゃないんですか(笑)

編T:これも今年のあるあるですね。ではさっさと次の話題に行きましょう。

いま読まれてます
コロナ禍でどう生きるのか?旅に恋焦がれた者たちの2020年を振り返る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます