旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

早春を彩る京都府内の厳選・梅の名所8選

Array
2021/02/17

昔から日本人の心を惹きつけてやまない紅白の梅の花。京都府内にも、例年梅見に多くの人が訪れるスポットがたくさんあります。今はなかなかお出かけするのは難しいので、ぜひ画像を通じてその美しい景色を楽しんでください。KYOTOSIDE編集部が厳選した8つのスポットをご紹介します。

つぼみから咲き始め、花吹雪に散り納めまで。そのすべてが美しいしだれ梅

城南宮(京都市伏見区)

京都市伏見区の城南宮は、平安遷都にあたり皇城南に守護神として創建。「方除(ほうよけ)の大社」として信仰を集め、方除・厄除・家庭円満・会社繁栄の御利益を求めて多くの人が訪れています。

境内に設けられた神苑は、源氏物語に登場する約80種の草花が植栽されていることから、別名「源氏物語 花の庭」と呼ばれている名所。春の山、平安の庭、室町の庭、桃山の庭といった趣の異なる庭園が設けられ、季節ごとに美しい景色を楽しめます。

春の山には150本のしだれ梅があり、その開花は京都の早春の風物詩として知られています。紅白、薄紅色のしだれ梅は、咲き始め(探梅)から見ごろ(観梅)、散り際(惜梅)まで、そのすべてが美しく、まさに雅な京都を象徴する光景です。

また、城南宮には50種300本の椿が植えられており、12月から3月まで多彩な椿の花を楽しめるのも魅力的。例年2月後半から3月にかけては「しだれ梅と椿まつり」が開かれ、美の共演を心行くまで堪能できます。

■■INFORMATION■■

城南宮
住所:京都府京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
拝観時間:9:00~16:30(受付は~16:00)
拝観料:境内自由、神苑拝観 600円
アクセス:京都市営地下鉄・近鉄竹田駅から徒歩15分、市バス停「城南宮東口」から徒歩3分、竹田駅からタクシーで3分

★★こちらの記事もぜひチェックしてください!★★

京都はんなり歳時記〜城南宮のしだれ梅と椿まつり〜


菅原道真公ゆかりの神社に咲く紅白の梅

生身天満宮(南丹市園部町)

「日本最古の天神さん」として知られる、南丹市園部町の生身(いきみ)天満宮。祭神・菅原道真公が梅の花をこよなく愛したといういわれもあることから、参道の南側には梅園が設けられています。

梅園内には、旧園部町の花に選定された紅千鳥をはじめ、早咲き、遅咲き、八重一重など多彩な紅白梅が入り交じり、春先になると美しく咲き誇る梅の花の香りで辺りが満ちるそうです。

こちらの梅園で採れた梅は「合格梅」として漬け込み、心願成就祈願の祈祷、お祓いを行い、合格祈願の祈祷やお守りを受けたかた限定で授与されているとのこと。同様に、初宮詣りや厄除けなど各種祈祷を受けたかたにも、撤饌(てっせん)として渡すそうです(ともに数量限定)。

■■INFORMATION■■

生身天満宮
住所:京都府南丹市園部町美園町1-67
拝観料:境内自由
アクセス:
【公共交通機関の場合】JR園部駅西口から徒歩約12分
【車の場合】(京都方面から)京都縦貫自動車道八木西I.C.から車で約4分
(舞鶴方面から)京都縦貫自動車道園部I.C.から車で約5分
※八木西I.C.では降りられませんのでご注意ください。
問い合わせ:0771-62-0535
公式HP公式FB公式instagram

梅の木が約10,000本!府下最大規模を誇る梅林

青谷梅林(城陽市)

京都府南部・城陽市にある青谷梅林(あおだにばいりん)は、約10,000本もの梅の木がある京都府最大規模を誇る梅林。

その歴史は古く、鎌倉時代には後醍醐天皇の皇子・宗良親王(むねよししんのう)が和歌に「風かよふ 綴喜の里の梅が香を 空にへだつる 中垣ぞなき」と詠んでおり、当時からこの地に梅林があったことがわかります。

明治時代に一時衰退してしまいましたが、地元の有力者たちがこの梅林の素晴らしさをもっと多くの人に知ってもらおうと考え、『青谷絶賞(あおだにぜっしょう)』というPR誌を発行。田山花袋をはじめ著名な文人が紀行文や歌を投稿し、たちまち青谷梅林の名は全国的に有名になりました。

同地には、現在も「生産梅林」があり、梅の加工品もたくさん作られています。6月下旬から収穫が始まる幻の梅「城州白(じょうしゅうはく)」は、ほぼ青谷でした栽培されていない希少な品種なのだとか。桃のような甘いフルーティーな香りと肌質が特徴で、身も肉厚だそうです。

■■INFORMATION■■

青谷梅林
住所:京都府城陽市中中山
入園料:無料
アクセス:JR山城青谷駅から徒歩20分、近鉄新田辺駅から京都京阪バス「多賀口バス停」下車徒歩25分
問い合わせ:0774-56-4029(一般社団法人城陽市観光協会)
※現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、梅林内の立ち入りは禁止されておりますが、道路上から見学することはできます。

★★こちらの記事もぜひチェックしてください!★★

“幻の梅”を求めて! 京都・青谷へ ~青谷梅の救世主になりたいと思った冒険家のストーリー~

いま読まれてます
早春を彩る京都府内の厳選・梅の名所8選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます