旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

韓国人が気になっていた、日本と少し違う「一般常識」

Array
2021/07/17

結婚しても「夫婦別姓」だよね

image by:Unsplash

ユナ:最近、韓国では子どもをつくらない共働き夫婦の「DINKs(ディンクス)」が増えてるみたい。

赤池:日本でも増えてますよね。この前、新築マンションの見学会に行ったんですけど、そこはDINKs向けのお部屋とかを用意しているところで、見学に来ている人も私たちと同世代のかたが多かったです。

ユナ:ちなみに韓国の2020年の出生率は0.84で過去最低を更新したってニュースを見たよ。理由はさまざまだと思うけど、私の周りでも実際に「子どもを産まない」っていう選択をする人が増えていると思う。

赤池:韓国の子育て事情って、どんな感じなんですか?

ユナ:実際に子育てをしたことがないからはっきりとは言えないけど、子どもを持つ友人たちは「とにかくお金がかかる!」って話す人が多いかなぁ。

image by:Oleg Zartdinov/Shutterstock.com

ユナ:例えば、「いい会社」に入るためには学歴が必要になるわけなんだけど、そのためには「いい大学」に行かなきゃいけない。すると塾や予備校に通って、場合によっては習い事も必要だから、小さいころからかなりお金がかかるんだよね。

赤池:たしかに、韓国は学歴社会って聞きます。でも、「いい大学」に入れたとしても、必ずしも「いい会社」に就職できるわけではないですよね。

ユナ:そうそう、韓国はかなりハードな受験戦争があるよ。それで頑張って勉強していい大学入ったって、思うように就職できなかったら…ね。

(韓国の)地元の友だちは受験に失敗して、チキン屋さんを開いたりしてるよ。でも人生って人それぞれだから、どんな学歴でも職業でも夫婦でもお互いが受け入れているのならいいと思うんだけどね。ちなみに、韓国では結婚後も夫婦別姓だから、日本で夫婦別姓訴訟をやっているニュースを見て驚いたんだよね。


確かに、日本人の友人女性たちは結婚後に男性側の苗字を名乗ることが多いな〜とは思ってたんだけど、制度としてなかったんだ!って。

赤池:韓国ではそもそも夫婦別姓だったんですね。日本だとまだ苗字は女性が変えるものというイメージが強いけど、結婚しても変えなくていいのは便利…!ところで、子どもはどちらの苗字になるんですか?

ユナ:お母さんはもともとの苗字(旧姓)のままで、子どもはお父さん側の苗字を名乗るかな。そもそも苗字が日本みたいに多くないから、キムさん同士で結婚しても変わらないしね。

満腹になったら無理せず残す

image by:Unsplash

赤池:文化の違いといえば、食事って結構違いますよね。韓国料理を食べに行くと、お箸と一緒にスプーンが用意されていたり。

ユナ:ご飯を食べるときにスープは必須だから、スプーンがあると便利なんだよね。あとお箸はおかずを取るものっていうイメージかも。ちなみに私は慣れているから、チキンは手袋を使わずにお箸で食べるよ。

赤池:いつかご飯を一緒に食べにいったときも、骨つきのフライドチキンをお箸でうまく食べてましたね(笑)私は初めて韓国料理を食べたときに、マナーとかわからなくって、周りの人を見て真似してました。

ユナ:基本的には、気にせず好きに食べていいと思うよ。逆に私は日本でご飯を残さないことにすごく驚いた。

赤池:小さいころから、ご飯は残さずに食べるようにいわれてました。特にお米には「神さまが宿っているから残しちゃだめ」って。地方によって理由は違うかもしれないですけど、赤池家ではご飯粒を残すことはご法度です。

image by:Unsplash

ユナ:韓国って、料理を頼むと「おかず」がたくさん出てくるのね。地域によって違いもあるんだけど、例えば全州(チョンジュ)の飲食店で「韓定食」を頼むとテーブルに15〜20品くらい、おかずが並ぶの。

赤池:「韓定食」って、日本でいう「御膳」みたいなですよね。個人的にはとても嬉しい品数ですけど、量によっては食べきるのが大変そう。

ユナ:しかも安いから、お腹減ってるときとか最高に嬉しいよ。もちろん残さず食べるほうがいいんだけど、「無理して全部食べる必要はない」って感じかな。日本みたいに「絶対残さない!」っていう強い意志は持ってないかも。

赤池:おかずはお店のサービスでもあるけど、残す前に店員さんに食べ切れる量かどうかを聞いたりするほうがよさそう。

ユナ:せっかく作ってくれた料理だから残したくないっていう気持ちもあるしね。韓国では食べきれなかったものは、ほとんどのお店でお持ち帰りすることはできるけど、それでも昔よりも残すのが当たり前っていう考え方は変わってきたと思うよ。

いま読まれてます
韓国人が気になっていた、日本と少し違う「一般常識」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます