旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

癒しの絶景も。コロナ収束後に行きたい、日本全国の人気「温泉」ランキング

Array
2021/07/31

第6位 修善寺温泉/静岡県

image by:湯回廊 菊屋

桂川を眺める修善寺の中心部に位置する老舗旅館「湯回廊 菊屋」では、歴史ある建物のなかで「修善寺温泉」の名湯を堪能できます。

その歴史はなんと約400年にもわたり、伊豆を代表する老舗旅館のひとつとして、昭和天皇が御幼少期に宿泊されたり、文豪・夏目漱石の贔屓宿としても知られています。

「湯回廊」image by:湯回廊 菊屋

その歴史の長さだけたくさんの物語が語られる「湯回廊 菊屋」において、何といっても特筆すべきは「湯回廊」と「八角堂」の存在です。

宿の名前にもうたわれる「湯回廊」は、館内に点在する大浴場や、それぞれ趣向を凝らした湯処、そして各客室棟を結ぶ形でぐるりと渡された廊下のこと。

侘び寂びが滲み出るような佇まいや、時の経過を物語る板の艶感に誘われるまま、どこまでもうっとりと歩き続けてしまう素敵さ。

「八角堂」image by:湯回廊 菊屋

八角形の形をした「八角堂」は、自由にコーヒーやお茶がいただけるラウンジとして解放され、館内をあちこちとめぐっているだけで、まるで時間旅行をしたような気分に。

image by:湯回廊 菊屋

当然お湯屋としての機能にもあることは言うまでもありません。こちらは湯処の多い宿でもあるのです。

桂川のせせらぎを耳で楽しみながら湯浴みが叶う内湯と露天に加え、ヒノキや岩風呂など風情の異なる無料の貸切風呂が4つあり、合計なんと6つもの湯を楽しむことできます。

無料貸切風呂「星」image by:湯回廊 菊屋

しかも貸切風呂予約の必要がなく、空いていればいつでも使用できるタイプで、24時間利用可能というのが嬉しいポイント。源泉掛け流しなので、美人の湯とうたわれるアルカリ性の修善寺の湯を心置きなく堪能できます。


風呂数が多い宿は大浴場も混雑することがないので、滞在中はいつでも入りたいときにゆっくりと温泉を楽しめるのもポイントです。

  • 修善寺温泉 湯回廊 菊屋
  • 静岡県伊豆市修善寺874-1
  • 0558-72-2000
  • 修善寺駅より伊豆箱根バス「修善寺温泉駅」下車、徒歩約1分
  • 公式サイト

第5位 奥日光湯元温泉/栃木県

image by:PR TIMES

ザ・リッツ・カールトン日光」は、栃木初のラグジュアリーホテルとしてオープンしました。

日光国立公園内というロケーションに、従来のリッツと同様のサービスを完備してオープンした同ホテルですが、何よりも見逃せないのが「温泉施設」を併設しているということ。

源泉は788年に開湯されたと伝わり、古来より愛されてきた「奥日光湯元温泉」。1954年には記念すべき第一号の「国民保養温泉」にも指定されるなど、温泉大国・日本を代表する名湯のひとつです。

image by:PR TIMES

奥日光湯元温泉の泉質は、中性~弱酸性の硫化水素型単純硫黄泉。

毎分1788.5リットルが湧き出し、78.6℃の温度が保たれています。空気に触れると無色透明から乳白色に変化し、特徴的なにごり湯となるのが特徴です。

神経痛や関節痛、冷え性や疲労回復など老若男女問わずに嬉しい効能も。さらにメタケイ酸という天然保湿成分の含有量が多いため、新陳代謝が活発化され、美肌効果が高いことも魅力です。

そんな奥日光湯元温泉の源泉を引いたザ・リッツ・カールトン日光の温泉施設は、内風呂と露天風呂、水風呂、サウナを完備。

image by:PR TIMES

メインとなる内風呂と外風呂は、中禅寺湖と男体山がある方面に向かってレイアウトされているため、大きな一面の窓からいっぱいに光を取り込み、温泉と共に奥日光の大自然を体感できるという仕組みに。

露天風呂では、眼前に奥日光の大自然を彷彿とさせる庭園が登場。火山岩、高山植物、苔などを配した小高い庭越しに眺める男体山は、一層の迫力を持って迫ります。中禅寺湖の水音も漂い、夜には満天の星空を見上げることもできる贅沢な空間です。

  • ザ・リッツ・カールトン日光
  • 栃木県日光市中宮祠2482番地
  • 公式サイト

第4位 長岡温泉/静岡県

まるで料亭?と思うようなさり気ない入り口。image by:小林繭

長岡温泉」は、東京から車で約2時間、新幹線を使えばたったの1時間半で到着するアクセスに便利な温泉地です。そのアクセスのよさからか、大正から昭和初期にかけては芸妓置屋があったほど温泉街としてもにぎわっていたとか。

門をくぐると現れる和モダンなエントランス。image by:小林繭

ホテルや旅館が並ぶ長岡温泉の一角に佇む「湯めぐりの宿 吉春」は、控えめに屋号を掲げた入口の様子が、いかにも老舗旅館らしい雰囲気の和モダンな宿です。この宿の楽しみ方は、宿から一歩も出ずのんびり優雅に温泉を楽しむことにあります。

大浴場の露天は岩風呂タイプ。image by:小林繭

湯めぐりとうたっているだけあり、特筆すべきは湯船の多さ。内湯と露天を備えた大浴場のほかに、貸切露天風呂が5個。

貸切露天風呂「もくれんの湯」は桶ひのきの浴槽。image by:小林繭
岩露天と壺風呂がついた「こもれびの湯」。家族で入るのにぴったり!image by:小林繭

また、26室ある客室のうち10室は専用の露天風呂付きという造りになっているので、基本的に満室時であっても湯処が混み合うということはありません。いまどきの温泉旅には重要なポイントですよね。

  • 湯めぐりの宿 吉春
  • 静岡県伊豆の国市長岡989-10
  • 055-948-1212
  • 公式サイト

いま読まれてます
癒しの絶景も。コロナ収束後に行きたい、日本全国の人気「温泉」ランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます