旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

イラッ!外国人に絶対言ってはいけない!?禁断の「NG日本語」

Array
2021/09/11

来るわ/リトアニア語

image by:Shutterstock.com

リトアニアという国を知っていますか?エストニア、ラトビア、リトアニアでバルト海沿岸に面する「バルト三国」などといいますよね。

そのリトアニア(および隣国のポーランドの一部)で話されている言葉に、リトアニア語があります。恐らく大半の日本人が「知っているリトアニア語は?」と聞かれても首をかしげるのではないでしょうか。

しかし実は何気ない日本語がリトアニア語に聞こえてしまうケースがあります。しかもちょっと際どい意味で。その日本語とは「来るわ」です。

例えば、リトアニアの首都ビリニュスで、ベラルーシとの国境を越えてやってくる友人Aと待ち合わせをしていたとします。待ち合わせの時間から30分ほど過ぎたときに、友人Aから「到着した」とメッセージが届きます。

あなたは別の友人Bと友人Aをカフェで待っていたとしましょう。まもなく人ごみのなかに、友人Aの姿が見えます。その姿を見てあなたは友人Aを指差しながら友人Bに「来るわ、来るわ。もう来るわ」と連呼したとしましょう。

image by:Shutterstock.com

その状況を目にした周りのベラルーシ人は、あなたに厳しい視線を走らせるかもしれません。なぜなら「来るわ」は、ベラルーシ語で「売春婦」という意味の言葉に聞こえるからです。

『鬼滅の刃』でも「遊郭編」が始まります。遊郭を「くるわ」ともいいます。

ベラルーシの旅先で友だちと『鬼滅の刃』の話題になって「『くるわ』って何?」「くるわ?くるわは『そろそろくるわ』」などと寒い冗談をいって笑わないように注意したいですね。寒いどころか軽蔑される恐れもありますので。


いま読まれてます
イラッ!外国人に絶対言ってはいけない!?禁断の「NG日本語」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます