旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

実は日本ってクサい?外国人が考えるニオイ事情etc【月間人気記事ランキング】

第6位 日本語を話しただけなのに…

image by:Shutterstock.com

私たちが何気なく使う日本語の中には、外国では「意外な意味」に聞こえてしまうケースがいくつか存在します。単に意外というだけでなく、ちょっと際どい意味に聞こえてしまうなんてことも…。

例えば、オランダ語で「ルー」は下ネタに聞こえたり、ロシア語で「サバか!」が大変失礼な意味になってしまったり、意図せず使った日本語が海外では誤解を生んでしまう可能性があるのです。

もちろんそんなケースは稀かもしれませんが、トラブルを避けるためにも知っておいて損はないはず。

image by:DiegoMariottini/Shutterstock.com

そこで記事では、海外で絶対にいってはいけない、禁断の「日本語のNGワード」についてご紹介。

新型コロナウイルス感染症が終息し、再び自由に海外旅行へ出られるようになったとき、必ず役立つ知識なのでぜひチェックしてみてくださいね。

第5位 意外とニオイは気にしていない?

image by:Unsplash

日本では常識なことであっても、海外では通用しなかったり、逆に日本の作法・文化が違った意味や形で他国に浸透していたりすることもありますよね。

食事シーンの一例を挙げると、日本ではお茶碗を持ってご飯を食べますが、お隣の国・韓国ではお茶碗を持たずに食べるのがマナーで、アジアの国の中でも作法が異なることは珍しくありません。

そこで記事では、韓国人が気になっていた日本の一般常識との違いを探ってみました。

第4位 キスやベッドインはもはやコミュニケーション

image by:Unsplash

国が違えば、食べ物も文化も違うもの。なかでも面白いのが「恋愛」で、日本では当たり前のことでも海外では通用しなかったり、外国人からすると日本人の恋愛観に驚くことも少なくないようです。


逆もしかりで、日本人にとってはびっくりするような「海外の恋愛事情」もたくさんあります。「初デートでキスはOK?」「キス以上はどのタイミングで進む?」など、そんなぶっちゃけた話を調査してみました。

記事では、さまざまな国の出身者と外国人をパートナーにもつ日本人にアンケート調査を実施。その結果をもとに座談会を開催したところ、いろんな国ごとの恋愛事情が発見できました。

いま読まれてます
実は日本ってクサい?外国人が考えるニオイ事情etc【月間人気記事ランキング】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます