旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

来日外国人がショックを受けた、日本の「当たり前」15選

Array
2021/11/20

私たち日本人にとっては当たり前のことでも、ほかの国から訪れた外国人にとっては不思議だったり、ショックを受けたりすることも珍しくありません。

例えば、「電車の中で電話をしないの?」「列にきちんと並ぶの?」といったように、母国と日本を比べて驚く光景もあるみたいです。

そこで今回はさまざまな国の出身者に、日本に来てから「ショックを受けた当たり前」について伺ってみました。一部、実際の外国人のコメントとともにご紹介していきます。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

日本が誇る、雪国の魅力

1.「旭山動物園」こんなに近くで見れるの!?/北海道

image by:Supachai Panyaviwat/Shutterstock.com

雪の積もる北海道の「旭山動物園」には、毎年多くの人が訪れています。日本人からも人気の高い動物園ですが、実は外国人観光客にも話題を集めていました。

園内にはインバンド対策として、多様な言語で案内板を展示。スタッフのかたも外国語で対応するなど、外国人とのコミュニケーションも積極的に行なっているのだそう。かわいい動物たちと心ゆくまで触れ合ってもらえる環境を提案しているのですね。

image by:Shutterstock.com

「ペンギンを間近で見れることにびっくり。しかも雪景色がとても綺麗だった」(タイ出身)

また、旭川市では外国人観光客が増加するなか、イスラム教徒にも対応しています。旭川空港では礼拝室が設備されていたり、空港内のレストランではイスラム教の戒律にのっとった食事を提供。このような取り組みも人気の秘訣かもしれませんね。

2.「銀山温泉」でレトロな日本を感じる/山形県

銀山温泉image by:Oliverouge 3/Shutterstock.com

大正ロマンを感じる風情あふれる街並みが特徴的な「銀山温泉」。山形県尾花沢市にある温泉郷で、温泉街は日が暮れるとガス灯にあかりが灯ります。この風景がとてもノスタルジック。

過去にはNHKドラマ『おしん』の舞台としても一躍話題になったこともあります。ちなみに同作は台湾などでも放映され、人気を集めたそうですよ。温泉ももちろん、日本ならではの景色に癒される絶好のスポットです。


3.いったいなぜ…?「蔵王樹氷」の不思議な光景/山形県

image by:photoAC

「スノーモンスター」とも呼ばれる山形県の「蔵王樹氷」。郷土遺産で、蔵王連峰の特殊な気象条件と植生がつくりだす不思議な光景です。

この樹氷ができるのは例年12月下旬〜3月上旬にかけて。見ごろを迎えたころにはロープウェイの大きな窓から樹氷原を望んだり、オープンデッキの展望台から360度絶景の樹氷原を一望したりすることができます。

「山形県蔵王の『スノーモンスター』は冬の必見です!」(台湾出身)

大自然が織りなす観光スポットになっており、なかでも台湾では富士山に匹敵するレベルでネット検索されているほど、人気なのだとか。

いま読まれてます
来日外国人がショックを受けた、日本の「当たり前」15選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます