旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

アラサーは未来の日本をどう見るか。30代が岐阜県のこれからを考える

マチノコト
マチノコト
2015/12/18

地域の社会課題を解決するのは一体誰でしょうか。もちろん男性も女性もどの世代の人も、自分が住んでいる日本が抱える課題には真摯に向き合わなければいけませんが、中でも特に意識するのが、将来のキャリアを見据える30代ではないでしょうか。アラサー世代が岐阜県の未来の為に立ち上がった様子を「マチノコト」からご紹介。

アラサーよ立ち上がれ!
責任世代と社会課題を考える「岐阜アラサー会議」が12月23日に開催!

アラサーは未来の日本をどう見るか。30代が岐阜県のこれからを考える

「まちづくり」や「社会貢献」の活動をされている方々を見ると、20代後半から30代の方が多いことに気づきます。さまざまなジャンルにおいて、経験や実績を積み重ね、活躍する「アラサー」の人々。

彼らのお話を聞いてみると、「仕事に慣れ、少しずつ結果を出せるようになったものの、結婚や出産、家族といった将来のキャリアを見据えていかないといけない」と話します。

岐阜県では今冬、岐阜のまちづくりに関わるアラサー世代が集結し、集まった参加者とともに個々が抱える課題意識を全体で共有し、新たな動きと結びつきとなる会議が行われるようです。

地域の責任を背負う「アラサー世代」

アラサーは未来の日本をどう見るか。30代が岐阜県のこれからを考える

12月23日に岐阜で開催予定の「岐阜アラサー会議」。このプロジェクトは、岐阜県内の町議会議員や、岐阜県各地のまちづくりに関わるNPO職員など、6人のアラサー世代が集まって運営されています。

「なにげない一言から始まったんです」と、岐阜県垂井町の町議会議員であり「岐阜アラサー会議」の運営メンバーでもある太田佳祐さんは話します。

アラサーは未来の日本をどう見るか。30代が岐阜県のこれからを考える

「京都のまちづくりに積極的に取り組む方が岐阜に来たときに、若者が地域を盛り上げる『若者会議』というイベントの話になりました。しかし、参加資格が20代までで、参加することが出来なかったんですよね。移住促進や地域振興という問題は、30代の僕らの世代が責任を持って考えていかなければいけない問題でもある。だったら、アラサーで集まってなんかやろうと」。

アラサーは未来の日本をどう見るか。30代が岐阜県のこれからを考える

同じく「岐阜アラサー会議」の運営メンバーであり、長良川流域の地域づくりを行うNPO法人「ORGAN」で勤める浅野雅樹さんも、「岐阜のなかで横の繋がりを欲していた」と語ります。

「『若者会議』は、地域を知り、魅力を探し、企画を考え、実践を試みるイベントですが、僕たちは既に仕事として、それを行ってきました。ですが、「ORGAN」のように観光系やまちづくりの人たちとは関わりがあっても、福祉や政治といった異業種の方と価値観を交流して、横の繋がりを作る機会はなかったんですよね。実際に活動を行い、それぞれが積み重ねてきた経験を持ち寄る場はきっと良い場になると思いました」。


マチノコト

「マチノコト」は、「つなぐ、つくる、つたえる」をテーマにコミュニティデザインにまつわることを紹介するウェブメディアです。

アラサーは未来の日本をどう見るか。30代が岐阜県のこれからを考える
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 京都 itonowaの成功は歴史と糸が教えてくれた。33mの空き家に人が集うわけ ★ 68
 兵庫 公園の可能性を探る社会実験。神戸に手作りの青空図書館を作ったら… ★ 293
 東京 本気のまちづくりを学びたいか。空き家再生で地方の不動産を蘇らせる ★ 37
 岐阜 こんな包丁初めて…刃物のまち・関市の伝統、海外企業も頷く鍛冶技術 ★ 26
 岐阜 商店街に悲鳴が響く!柳ヶ瀬が町おこしで始めたお化け屋敷が怖すぎる ★ 161
 全国 地方の本気に全国が驚いた。今年話題を呼んだ全国PR動画まとめ2015 ★ 720