旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

スゴい!外国人が日本を「素晴らしい」と絶賛したことetc【人気ランキング】

第6位 日常に隠れた海外生活でのカルチャーショック

image by:Unsplash

日本でも各地で料理の味付けや習慣が多種多様であるように、国によって言語が異なれば、文化も異なるのは当たり前のこと。

実際に海外旅行をしてみると、日本にはない文化にショックを受けることも少なくありません。過去に筆者はアメリカのスーパーマーケットを訪れた際、カゴから商品を出してレジのベルトコンベアに乗せることにとても驚きました。

日本ではカゴのままレジの人がスキャンして、別のカゴに精算済みの商品を入れてくれることが一般的ですが、アメリカでは自分で一つずつ商品を自分で乗せていくことに、戸惑ったことを覚えています。

このようにときには慣れない一般常識に困惑してしまうことも珍しくありません。ほかにも海外の生活に隠れた、日本とは違うカルチャーショックはまだまだたくさん存在しているはず。実際に、日常生活にフォーカスを当てて、複数名の外国人に聞き取り調査を行ってみました。

第5位 日本だから見られるこの光景に驚き

image by:ESB Professional/Shutterstock.com

普段から見慣れた景色のなかには、他の人にとっては感動の景色であることもあります。大きな例えではありますが、雪を見慣れていない地域のかたからすると、雪景色は珍しく、とても貴重な体験になるはず。

そんな私たち日本人の日常において一般的なことでも、自国の常識に慣れた外国人にとっては不思議な光景であることも少なくありません。

本記事では、さまざまな国の出身者に、日本で経験した「ショックを受けた当たり前」について伺ってみました。外国人の視点を通してあらためて日本の魅力を再発見してみてはいかがでしょうか。

第4位 子どものころから体臭ケア!?

image by:Unsplash

日本では、ドラッグストアなどで消臭スプレーや芳香剤、デオドラント商品が販売されているのは見慣れた光景のひとつ。日常的にデオドラントケアを行うこともあれば、車・部屋の中などにも気を遣っていることもあるかもしれません。

そんな清潔で綺麗好きなイメージを持たれがちな日本人。しかし、在日外国人100名を対象にした「オーラルケアの実態調査」によると、約7割が「日本人の口臭にガッカリした経験がある」と悲しい結果に…。


その反面、海外では不思議なニオイ文化も存在しており、アメリカでは子どものころからデオドラントのケアについて親や学校から教育を受けるのだとか。そんな各国のニオイ事情について、本記事では深掘りしてご紹介していきます。

いま読まれてます
スゴい!外国人が日本を「素晴らしい」と絶賛したことetc【人気ランキング】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます