信じられる?地球と月を3往復分って。脅威の「旅好き」な生き物たち

Array
2022/03/23

哺乳類で最長の移動距離を誇る「コククジラ」

image by:Shutterstock.com

もともと、長い距離を移動するクジラは「ザトウクジラ」といわれていました。

しかし、米オレゴン州立大学の研究によると、「コククジラ」の方がクジラとして、むしろ哺乳(ほにゅう)類として最も長い距離を移動していたと分かったそう。

樺太を出発し、太平洋を横断。北米大陸の西海岸を伝って、メキシコのバハ・カリフォルニア州の沖合まで、コククジラは到達します。その距離は約2万2,500kmです。壮大ですよね。

image by:Shutterstock.com

ちなみに、コククジラは学術上貴重な生き物らしく、捕鯨によってかなり数が減ってしまったために保護の対象となっていると『ブリタニカ国際大百科事典』で解説が加えられています。

私たちが歯を磨く間も、通勤電車に揺られているときも、大切な人と夜景を見ながらお酒を飲んでいるときも、子どものおむつを替えているときも、さまざまな生き物が地球のどこかで黙々と移動しているわけです。なんか興味が尽きないですよね。

ほかにも日本では「オオハクチョウ」や「ツル」なども有名です。なかなか国境を自由に越えられない現代、生き物の移動を通じて世界を感じたいものです。そして今後、再び海外旅行ができるようになったときには、移動も楽しみながら世界を見渡していきたいですね。

いま読まれてます

翻訳家・ライター・編集者。成城大学文芸学部芸術学科卒。富山在住。主な訳書『クールジャパン一般常識』、新著(共著)『いちばん美しい季節に行きたい 日本の絶景365日』。北陸のWebメディア『HOKUROKU』創刊編集長。WebsiteTwitter 

 千葉 “頼子”も待つ竜宮城へ。神秘的な海中世界、千葉県「波左間海中公園」 ★ 168
 京都 「あじさい寺」丹州観音寺へ古寺探訪。福知山で話題の展望台へ ★ 214
 国内 「お化け屋敷」は夏だけなのか?海外と日本で違うホラー業界のナゾ ★ 130
 その他のエリア 「お子さまランチ」発祥の地はどこ?意外と知らない身近な食べ物の由来・歴史 ★ 582
 海外 「ガンジス河でバタフライ」著者が教える、〝ひとり旅〟にオススメの場所 ★ 19
エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
信じられる?地球と月を3往復分って。脅威の「旅好き」な生き物たち
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます