旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

日本はソレ、ありなの!?外国人と日本人に聞いた意外な「カルチャーショック」

Array
2022/05/28

外でお酒を飲めない国がある

image by:modchan/Shutterstock.com

皆さんは、2022年のお花見はしましたか?明るい時間から飲酒するとなると、ちょっと後ろめたさが生まれるかもしれませんが、お花見の時期は日中からでも堂々とお酒が飲めるので、たまらない開放感を味わえるはずです。

とはいえこの屋外での飲酒、意外に禁止されている国が少なくありません。

過去に一緒に花見をしたカナダ出身の友人が、お酒を飲みつつ「日本って外でもお酒が飲めるからいいよね!」といっていましたが、カナダなどは屋外での飲酒が禁止されています。

もちろん、屋外といっても自宅の庭など、プライベートな空間における屋外であれば、全く問題ありません。

しかし、日本のお花見スポットのように公共の公園内でシートを広げてお酒を昼間から飲むと、罰金だか過料だか科料があるのですね。

image by:EJ Nickerson/Shutterstock.com

その点について、カナダ取材で現地の人と話した経験が筆者にはあります。「本当に飲まないの?」と聞いてみました。

カナダ東部の大都市に暮らす現地ガイドのカナダ人はコップに入れて分からないようにして、季節のいい時期に公園で飲む場合は、なくはないかも…しれない(笑)」とウインク。

いずれにせよ、器を入れ替えてわざわざ偽装しなくてもいい日本は、ほかの国出身の人からすると「外でお酒が飲めるの!?」と驚かれることも珍しくありません。

「母国では路上や公園でお酒を飲むことは禁じられているので、日本はどこでも飲酒OKなことにびっくり。春に公園でお花見しながら飲めるなんて最高ですね」(アメリカ出身)


カナダだけでなく、アメリカでも路上や公園での飲酒は基本的に禁じられています。とはいっても、日本でも条例によって屋外での飲酒が部分的に禁止されるケースもありました。

例えば、ハロウィンの時期の渋谷区では、指定された場所の道路・公園など、公共の場における飲酒がNGに。このように日本でも、いつでもどこでも飲めるというわけではありませんが、あくまでも一部の海外諸国と比べると、屋外で飲酒しやすい環境にあるといえるのではないでしょうか。

今回は、さまざまな国の日常生活に潜むカルチャーショックについてご紹介してきました。国が違えば文化も実にさまざまで、日本人が海外で驚くこともあれば、外国人が母国との違いに驚くケースもありましたね。

そしてその国ならではのカルチャーを知っていくことで、きっと理解が深まっていくはず。これからもいろんな発見を探していきたいですね。

いま読まれてます

翻訳家・ライター・編集者。成城大学文芸学部芸術学科卒。富山在住。主な訳書『クールジャパン一般常識』、新著(共著)『いちばん美しい季節に行きたい 日本の絶景365日』。北陸のWebメディア『HOKUROKU』創刊編集長。WebsiteTwitter 

日本はソレ、ありなの!?外国人と日本人に聞いた意外な「カルチャーショック」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます