ネズミを捕まえる公務員の猫ちゃん!?世界の要人に愛される「ネコ」大集合

Array
2022/10/22

ビル・クリントン元米大統領もネコを飼っていた

Socks, the pet cat of U.S. President Bill Clinton’s family, photographed on the South Lawn of the White House.image by:See page for author, Public domain, via Wikimedia Commons

ジョー・バイデン、ジョージ・W・ブッシュと続いたので、記憶に新しい米大統領を3連発で締めくくります。ジョージ・W・ブッシュ元米大統領の前は、ビル・クリントン元米大統領(第42代)です。

あのクリントンさんも「ソックス(Socks)」というネコを飼っていました。ソックスさんはもともと、野良ネコだったみたいです。

その野良ネコを1991年に、まだ大統領ではなく知事時代に夫人が保護して飼い始め、1993年に大統領に就任した際に、ホワイトハウスに一緒に引っ越してきたのです。

名前の由来は、両手両足の白い毛並みから。体は黒い毛で覆われているのに、手先だけ白いため、ソックスと名付けられました。

ちなみに、ソックスさんは長寿で知られています。生まれは1989年ながら、2009年が没年です。最後はガンだったみたいですが、20年近くこの世で生を全うしたのですね。

天皇一家にもネコちゃんがいる!

image by:Shutterstock.com

続いては、日本の皇室にいるネコの話です。ホワイトハウスでペットを飼えると聞いてびっくりするように、日本の御所でもペットが飼えるのです。

日本の皇族も同じようなスタンスで、何らかのいわれのあるネコや縁のあったネコを引き取り、大切に育てているとの話。

例えば、皇居に現在いるネコは、動物病院から譲り受けたオスの「セブン」と「みー」だとされています。ほかにもイヌを飼っていて、「由莉(ゆり)」と呼ぶそう。

とくに愛子さまがお世話しているそうで、イヌとネコ以外にもカイコの飼育も小学生のころから続けているのだとか。


今上天皇の徳仁陛下がかつて暮らした東宮御所と比べても、皇居はけた違いに広いです。宮殿や御所などのある宮内庁管理部分だけでも、バチカン市国の2倍以上あります。

ある意味で国家規模の広さがありますので、どのように飼われているか詳細は分かりませんが、万が一にも逃げ出したら、捜索が極めて難航しそうですね。

いま読まれてます
 海外 「小手」「ペラペラ」が下品な意味に…海外で日本人が言っちゃいそうな「NG」ワード ★ 154
 京都 【WEBで買える】お子さんと一緒に“天然アロマ石けん”を作ろう! ★ 162
 国内 【ローソン】アメリカ人と韓国人が選ぶ、美味すぎる「コンビニ」グルメ ★ 196
 全国 「すごい」を意味する方言が、全国47都道府県で全部違っててすごい ★ 7446
 東京 “名字”が〇〇ならハイボール100円!?ネオ大衆酒場「佐藤商店」 ★ 97
エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
ネズミを捕まえる公務員の猫ちゃん!?世界の要人に愛される「ネコ」大集合
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます